コマドリ・・・餌を運ぶ

 お盆を過ぎて、山もずいぶん静かになった。
うるさいぐらいに鳴いていたウグイスも声が少なくなり、天辺で高らかに唄っていたオオルリもそこにもう姿がない。

当然コマドリの声も、時折一声二声軽く口ずさむ程度。
8月の初旬には、シラビソ・オオシラビソの天辺や渓流・笹薮の所々でさえずってくれていたのに。
 コマドリ (駒鳥 Japanese robin)

e0365355_16294948.jpg


e0365355_16295020.jpg


 しかし、いなくなったわけではない。
笹藪から笹藪へ渡ったのはクロジ。
枝から枝へヤマガラ・シジュウカラやルリビタキが採餌に渡る。
じっと耳をすましていると、すぐ側の笹が音を立てた。
逆光の中に黒い影が2羽?給餌を思わせる動き。

羽色も確認できぬ瞬間だったが、どうやらコマドリのようだった。
揺れる笹を目で追いながらしばらく待っていると、斜面の上に渡ったオレンジ色が見えた。
今度はこちら側に近づいてくる。

e0365355_16295059.jpg



 笹薮の根元をピョンピョンと採餌しているのだろう。
突然、出てくるならここかと狙っていた石の上に出てきてくれた。
石の上から苔の上に飛び降りて・・・、ふたたび笹薮の中に消えていった。


e0365355_16295017.jpg


 時折声が聞こえ、揺れる笹はあってもなかなか姿を見ることのできない時間が過ぎたころ、やっと姿を見せてくれた。
嘴に獲物をくわえている。
 このポイントでは7月の終わりに雛は巣立ったと思っていたが、別個体なのだろうか?


e0365355_16295022.jpg


 こちらも見つかって、一瞬で笹薮に消えられてしまった。
またしばらくは、風に揺れる笹や梢を気にしながらメボソムシクイやルリビタキに遊ばよう。
みな、子育てを終えたようで気ままに木々を渡ってゆく。
 笹薮が動いた。
根元からコマドリが出て来た。

e0365355_16495033.jpg


 藪から、少しだけ開けた場所にピョンピョンと移動してゆく。
さらに獲物を捕まえようというのか、それとも巣立ち雛をさがしているか?

e0365355_16495013.jpg


 獲物をくわえたまま、こちらに近づいてくる。
山蕗の根元になにかを見つけたのだろうか?

e0365355_16495010.jpg


 ピョンと蕗の根元に飛び込んでは、なにかを咥え斜面を登って行ってしまった。
そして、軽く一声「♪ヒンカララ~~♪」。
心なしか、その声に向かって笹が動いていく気がした。
 残念ながら、雌と幼鳥の姿は画像として確認できなかった。
それでも、どうやら今年ここも無事に巣立ちを迎えたようでほっとした。


e0365355_16495119.jpg


 
 








[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-08-28 19:00 | 野鳥 | Comments(0)

 たったワンシーンで終わり、あとはふたたび姿は見えず探せず・・・。 
そんなことはさんざん経験してきたが、今回はそこそこの絵にできたので今までの悔しかったシーンが浮かんできた。
 朝霧の天辺でさえずっていた真っ黒個体が、手前の谷に落ちてきた。
やっとオレンジ色が解る枯れ枝の先。
 コマドリ(駒鳥 Japanese robin)

e0365355_20484217.jpg

 コメツガだろう。
このポイントでは、ここがお気に入りの個体がいた。
しかし、どこにいるのかまったく解らなかった。
止まる位置によって、こちらからはまったく見えないのだ。
やっと見える場所にとまって、はじめてそこだったのかと理解できたが、その時には疲れ切ってしまっていた。


e0365355_20484385.jpg



 このポイントでは、一枚だけ天辺が撮れた。
しかし、そこに青紫の球果はひとつもなかった。
実のつかない年回りの木だった。

e0365355_20484309.jpg



 そこそこの球果がついたオオシラビソの天辺に、チョコンとのってさえずていたのは昨年だった。
霧の沸き立つオオシラビソの天辺・・・それはうれしかったのだが・・・絵は白黒。
なんとか現像で明度や彩度を調整して、やっとこれ。
撮っている時から、残念さでいっぱいだった。


e0365355_20484360.jpg


 天辺で見つけられても、角度が悪ければ・・・。
空中を歩いて行ければ、左に回って・・・なんて、本当に思った。


e0365355_20484303.jpg

 良く鳴いて、探しやすいところほど逆光の空抜け。
もう少し高い位置に登って・・・とやってみたが、今度は他の木に邪魔をされコマドリが見えない。

e0365355_20495299.jpg


 滅多にない天辺でさえずってくれても、雲をバックの逆光には泣かされる。
どうしようもない。


e0365355_20495362.jpg


 しばらくいてくれた間に雲が流れ青空バックになって、強めのプラス補正でなんとか強引に絵にした。
しかし、球果が少なすぎるよね~~。


e0365355_20495386.jpg


 球果はそこそこでも、徒長枝のような天辺では間延びしてしまう。
おまけに光は背中からで、おなかまで黒いアカヒゲのよう。
 この数年はそんな残念な画像ばかりを、それでもやっと撮ってきた。
絵になる画像は、何時になったら撮れることやら・・・。
まぁ、また来年も無駄な苦労をするだろうけれど・・・。


e0365355_20495392.jpg



[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-08-05 06:00 | 野鳥 | Comments(2)

 シラビソもオオシラビソもタップリと球果を付けているのに、なかなか撮れないでいた球果の天辺コマドリがやっと撮れた。
今年はどこの峠も、シラビソやオオシラビソの球果が見事についている。
今年こそはとワクワクしながらあちこちに通ったが、なかなか思うようにはいかなかった。
飛来の時期・求愛の時期・営巣から巣立ちの時期と時間だけが過ぎ、おまけに天候不順で大雨や猛暑。
これからは換羽もあって、なかなか出も悪くなるという時に、やっと! 
青空に気持ち良く「♪ヒンカララ~~♪」。
 コマドリ(駒鳥 Japanese robin)

e0365355_21331010.jpg


 正直、もう時期的にダメだろうなと思っていた。
コマドリが、天辺に止まってさえずるのは何故なのだろうか?
少ない鳥見経験では天辺でよくさえずるオオルリなどから類推するしかないが、以来直後のメスを呼ぶ求愛やテリトリー宣言・抱卵するメスとの「見守っているよ」というようなコミュニケーション・巣立ち雛への呼びかけ・・・などからだろう。
オオルリも子育てが終われば、天辺でさえずる姿は格段に少なくなる。
事実ここでも、オオルリはもう谷筋の枝の中で鳴いているだけだった。
 そんな時に、相変わらずどこで鳴いているのか探せずにいたコマドリのオレンジ色が突然天辺に。
瞬時にオオシラビソの球果の有無を確認した。
しっかりとついているので、うれしさがこみ上げてきた。
が、主幹からの主枝が徒長気味なのが残念。


e0365355_22224244.jpg

 前回は泣かされた空気の揺らぎもまだそれほどではないし、それ以上に前回よりも気持ちだけ近い幹なのがよかった。
コマドリはよくさえずってくれた。
ライブビューでピントを合わせ、縦位置に変え横位置に戻し、動画に変え・・・。


e0365355_22223786.jpg


 青空バックで構図を変え、消えそうな雲の筋を入れ・・・。
緑の谷筋を背景に、絞ったりぼかしたり・・・。
思いつくいろいろをしっかりとやらせてもらった。


e0365355_22223828.jpg

 
 距離があることから、勾配を上ったり下りたりするこちらの動きは、コマドリにはまったく関係がなかった。
結局、コマドリはこの樹冠で23分間さえずりを繰り返してくれた。
 その声は、穏やかなさえずり。
争うでも、必死に呼びかけるでもなく、心なしか大仕事を終えた開放感さえ感じられた。
 出会いはこれでおしまい。
スト~~ンと谷筋に落ちていき、消えてしまった。


e0365355_22223852.jpg





[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-08-03 23:18 | 野鳥 | Comments(2)

 オオルリシジミは事業所の敷地内だから、始業時間までをコマドリに会ってきた。

4月半ばに飛来しだしたコマドリは、中程度の高さでとどまっていたようだがずいぶん高度を上げたようだった。

谷筋の木々は例年よりも早く芽吹き、葉も繁り始めてきた。

静かに耳を澄ませば、谷を登ってくるコマドリの声。

昨年10月末の台風の影響か、2月の積雪の影響か・・・・倒木や落石がめだつ。

そんな中を、ピョンピョンとホッピングしては採餌しながら、時折一声さえずる。

 コマドリ (駒鳥 Japanese robin


e0365355_21480031.jpg



 倒木と折れた枝のガサガサの隙間の向こう、苔の岩の上に出て来た。
倒木と緑の苔、どちらを選ぶといわれたら、それは苔の上だけれど・・・どこかのヤラセ・餌付け・お立ち台みたいで、あまり好きではない。
そうはいっても飾り付け貼り付けた苔ではないことが十分解るから、いいのだけれど。

e0365355_21475977.jpg

 コマドリはさらに登ってきて、最接近。
しかし隙間からなので、縦位置に切り取るしかない。
僕のいることを確認して、すぐさまピョンと下りてしまった!

e0365355_21475967.jpg


 少し登ったところで対岸の笹藪方向からの声に反応して、イイ声で鳴いてくれた。
コマドリは、ウグイス・オオルリとで日本三鳴鳥。
いつ聞いても何度聞いてもイイ声だ。

e0365355_21475945.jpg

 登っていったコマドリが、しばらくしたら下ってきた。
相変わらずの折れた小枝・枯れ枝の中。


e0365355_21475910.jpg

 進路には切り株があるからここに出るだろうと待っていたら、ピョンと乗ってくれた。
これもまた、ヤラセの場所ではありがちなシチュエーションだが、粉も吹いていなければ餌も置いてはいない自然のまま。
切り株は数年前の倒木処理のあとだ。

e0365355_21504869.jpg


 2カットぐらいで、ふたたび折れた枝の中に降りてしまった。

e0365355_21504855.jpg


 そこもまた、たくさんの小枝が、手前でもバックでも白く筋になりうるさいところ。


e0365355_21504837.jpg


 あどけない感じはとても良いのだけれど、光がうるさいな~~。


e0365355_21504814.jpg


 谷筋の中程を往復してくれたところで、今回はまたね!とさよならした。

e0365355_21504895.jpg



[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-05-20 06:00 | 野鳥 | Comments(2)

苦労した今年のコマドリ

 毎年、苦労していないというわけではないが、今年のコマドリはあきらめようかと思うほどに苦労した。
探し廻っても、まず声がしなかった。
森は静まりかえっている。
いつもならミソサザイの三羽や四羽がさえずっているのに・・・一羽だけがあまり真剣さもなく、一応鳴きますよ程度。
ウグイスも「この辺で鳴こうかな?かるくね。」といった感じで、一声で移動。
探す場所を変えようかと、何度も思った。
 一時間近く探し歩いても遠くに、ヒンカララ~が三度ほどで終わり。
また、遠くで三小節ほどの声が・・・しかし、鳴いているのに見つけらる距離ではない。
あきらめた時、暗い森の完全逆光の中に飛び出したものが・・・。
急いでシャッターを切ったが、初めは黒いとしか思えなかった。
 コマドリ (駒鳥 Japanese robin)
 
e0365355_23124483.jpg


 尾羽を拡げているのが解った。
そのオレンジ色が眼にはいった。
コマドリだ!
しかし、向こう向き。
そのまま、二度ほどヒンカララ~を繰り返した。
遠くで鳴いた個体に、ここは自分のテリトリーだぞ!と怒っているのだ。

e0365355_23124476.jpg


 尾羽を開きさえずるのは、多くがテリトリー宣言で向こうに争う相手がいるとき。
僕からコマドリの目が見えているのだから、コマドリも人間がいることに気づいたのだろう。 

e0365355_23124568.jpg


 尾羽を拡げたまま森の中の枝に。

e0365355_23124588.jpg


 そこもまた、朝の斜光の差し込む森にできた光の谷間。
軽くさえずって、中の笹藪に消えていった。
これが今期初の出会いだった。

e0365355_23124592.jpg

 コマドリがいると解れば、探す。
ところが、また声が聞こえなくなる。
時折、二方向で声がしたと思えば聞き耳を立てるまもなく、またやんでしまう。
上っては下り、下っては登り・・・移動する決断もできぬまま二時間近く・・・。
やっと見つけたのは反射しまくりの中の、個体。
トリミングしても・・・・、これでは・・・。

e0365355_23171253.jpg

 上の方で二声ほどしたからと、笹藪の動きを見ていると岩の所に出て来た。
横位置を縦にトリミング。 

e0365355_23171242.jpg

 笹藪から岩に飛び出し、ピョンピョンと岩伝い・折れた枝伝いに谷に降りていく。

e0365355_23171312.jpg


 谷底の岩の上で、尾羽を拡げて二声叫んだ。
上の森からも声がしたが、この個体は岩のむこうの底に消えてもう探せなかった。

e0365355_23171317.jpg

 三度目の出会いは、谷のこちら側の森。
上の方から降りてきた個体のよう。
小木の枝の中に飛び出してきた。

e0365355_23171309.jpg


 こちらを見たと思ったら、すぐに下った奥に移ってこちらは軽くヒンカララ~。

e0365355_23181724.jpg


 一声鳴いてこちらを見、ポトンと笹の藪に消えていった。
そしてまた、声が消え・・・見つけられぬままあきらめる決断をするしかなかった。
時間差のない声の方向からして、少なくとも三個体はいただろうと思えた。
飛来当初だから?雌が来ていないから
地図上にふたつの点と短い点線だけが残って、今期初の出会いは終わった。
とりあえずは、会えて良かった。

e0365355_23181714.jpg


[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-04-21 18:30 | 野鳥 | Comments(2)