タグ:オオマシコ ( 5 ) タグの人気記事

キハダのオオマシコ

 キハダの木に、オオマシコもやってきた。
 オオマシコ (大猿子 Pallas's Rosefinch)

e0365355_11302117.jpg


 キハダの実を食べるハギマシコの集団の中に(画像の中心から少し右に寄った所)、突然、深紅のオオマシコが現れた。
ハギマシコは、ハギの花のように控えめな赤味を帯びたムラサキ色がきれいだが、光を受けた青空の中ではキハダの実に紛れてしまう。
 それに比べて、オオマシコの深紅はハッとするほどに鮮やかだ。

e0365355_11284857.jpg


 引いた画像を撮っていたので、静かに近づいた。
アァ、きれいなバラ色のオオマシコ♂の成鳥だ。

e0365355_11284947.jpg



 二羽の成鳥♂と若や♀も一緒だった。
オオマシコは枝から枝へと飛び移りながら、 ブドウの房のように実をつけたキハダの実を採餌する。

e0365355_11284941.jpg



e0365355_11284880.jpg




 オオマシコやハギマシコ、ツグミにヒヨドリ、あるいはアオゲラまでが食べるキハダの実。
キハダはミカン科で、名の由来は樹皮を剥ぐと鮮やかな黄色を帯びた内皮が見えることからだそうだ。

e0365355_11284814.jpg




 栗の木に次いで水湿に対する抵抗力が強く、材質は軽量で軟らかいらしい。
アイヌの人々はこの樹皮をはいで木皮舟を作ったそうだ。

e0365355_11302115.jpg




 キハダは、漢方では「黄柏 おうばく」として利用され、百草丸、正露丸などの苦味整腸薬や止瀉薬の原料とされるそうだ。
5~7月頃薄黄緑色の花を咲かせ、その蜜はハチミツになる。
梅雨の晴れ間の短い期間にだけ採れる貴重なハチミツで、薬草のような芳しい香りがさわやかです。』
そう、ハチミツ屋さんのHPにあった。
                     
e0365355_11302197.jpg




 そんな拾い集めた知識を思い起こしながら見たオオマシコは、とても色鮮やかだった。
これまでも、毎年たくさんの個体を見てきたがその中でも五本の指に入る、深紅色。
オオマシコも、ベニマシコの♂同様に夏羽はさらに色に深みが出るのだろうか?
                   
e0365355_11302103.jpg



 それとも、ハギの実やキミズミなどを中心にした食性群と、雪深く早い時期からキハダを中心に食べる群で体色に濃淡が出るのだろうか?
そんなことを考えながら、一番綺麗な個体をレンズで追っていたら、やっと良い具合のハギマシコとのツーショットが撮れた。
 
e0365355_11302171.jpg



オオマシコもハギマシコも、誰もいない雪原の樹上で実を食べ続けている。
こちらは、もっとイイ枝にでないかとじっくり待つ余裕も出た。
 
e0365355_11313872.jpg



 真剣な目で、おいしそうな実を探すかのようなオオマシコ。
青空によく映える。
なんて綺麗で可愛らしいのだろう!

e0365355_11313906.jpg



 実を咥えて、このポーズもたまらない。
もうしばらく、いてくれるだろうか。
次の機会には霧氷の枝を期待したいなぁ・・・!

e0365355_11313999.jpg




[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-03-09 18:00 | 野鳥 | Comments(0)

高原の野鳥たち

 野鳥を探して高原の道を走る。
野鳥が食べる木の実や、その食べかすが落ちた食痕を探す。
ヤドリギの近くのモミの木に、ヒレンジャクが一羽。
近くにもう三羽いた。
大半のレンジャクは、大雪のあと暖地の都市部の公園などに移動したようだったのに、少数が残っていた。
  ヒレンジャク(緋連雀 Japanese Waxwing)

e0365355_22342856.jpg


e0365355_22342809.jpg

 林縁の雪の斜面でぶら下がっていたのは、ミヤマホオジロだった。
 ミヤマホオジロ(深山頬白 Yellow-throated bunting)
 
e0365355_22365160.jpg

e0365355_22365277.jpg


 ビックリしたのは、ベニマシコが出て来た雪原にいつの間にか、つられてか?出て来ては、一緒に採餌していたこと。


e0365355_22364250.jpg

 そうかと思えば、雪の少ない針葉樹の根元の地面が出たところで、落ちた実か?草の種などを探している。

e0365355_22365644.jpg

 近くにはシメがいた。
湾岸に暮れから来ていたシメが、雪の高原にまだ残っていたことにも驚いた。
 シメ(鴲 Hawfinch)

e0365355_23160732.jpg

 オオマシコはキハダの実を食べる。
別の場所のキハダは、ツグミとヒヨドリが合わせて三〇羽ほどで群がっては食べていた。
若いオオマシコの♂や雌中心の七羽ほどが、残り少ないキハダに来ていた。
 オオマシコ(大猿子 Pallas's rosefinch)

e0365355_22594195.jpg


e0365355_23005356.jpg


 キハダの枝で食べていたと思うと、枝下の雪面に降りては落ちた実も食べる。
林内だから安心して降りているのだろうか。

e0365355_23005377.jpg


 マヒワの集団は、次から次へとカラマツを渡り歩いて採餌。
この時は五〇羽ほどの群れだった。
中にベニヒワが数羽混じっていた。
先日行ったときには、ベニヒワだけで一目一〇〇羽近い群れが来ていた。
 マヒワ(真鶸 Eurasian siskin)

e0365355_23153379.jpg



 採餌するオオマシコの群れの中に、ハギマシコが一羽混じっていたことに驚いた。
その上、そこにベニヒワの群れが来て三者が同じ木で採餌した。
滅多にない経験は、残念ながら逆光側で出会った。
わさわさの被りまくりうえに向こうを向いたままのハギマシコ!
それでも、そんな場面に出会えたことがうれしかった。
ベニヒワ(紅鶸 Common redpoll)とハギマシコ(萩猿子 Asian Rosy finch)

e0365355_23154968.jpg






  


[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-02-24 18:00 | 野鳥 | Comments(0)

オオマシコ

 オオマシコは可愛い。
雪景色の中で、人間の我欲や作為のない自然なままのオオマシコの姿を見ているのは、マイナスの気温も苦にならない感動だ。
まるで雪の結晶のような喉元や額の尖った真っ白な羽毛。
rosefinchの名のとおりのバラ色・ワインレッド。
 山地に探しに行った。
 オオマシコ(大猿子 Pallas's rosefinch)雄成鳥

e0365355_17202471.jpg


 オオマシコはロシア東部・シベリア亜寒帯で繁殖し、冬季はモンゴルや中国東部・朝鮮半島などで越冬するという。
日本には数少ない冬鳥として、少数が山地にやってくる。
 雪の積もった坂道を上り、頂上まで探し歩いたがいっこうに見つけられない。
一時間二時間と過ぎた頃、やっと遠くの木の天辺に赤い鳥が止まり近くに降りた!
ところが、そこから見つけられない。
斜面の木々が目隠しになって見通せないのだ。
隙間を探しやっと撮ることができた。

e0365355_17202420.jpg

 オオマシコは一〇羽ほどの群れ。
雪に埋もれたヤマハギや雑草の、雪面に出た実を食べに降りる。
ワインレッドの羽衣がたまらなく美しい。
この実はなんの実だろうか?

                
e0365355_17202483.jpg

 ひとしきりここで食べた後、少し移動してヤマハギの中に。
成鳥の雄が二羽前後に。
首を伸ばしてハギの実をついばむたびに、枝が揺れる。

e0365355_17202490.jpg

 しばらく食べたら一休みして、またヤマハギの中に。
早朝の時間だったら、まだ雪も着いていたのに・・・というのは、僕の勝手な思い。


e0365355_17202514.jpg

 そんなことを考えていたら、雪面に突き出た穂先の実を食べに降りてくれた。
ついでに、雪も水代わりに食べてもくれた。
 夏の生息地で会ってみたいものだと思う。
調べると、7月のバイカル湖で撮影した画像を見ることができた。
おそらく夏場にそこにいるのだろう、イルクーツクの気温を見ると、平均最低気温が7月で13℃~11月-11.6~12月-19.1~1月は-21.8

e0365355_17202544.jpg



 日本の雪国とはいえ、平均最低気温がマイナス一桁台の山地は、オオマシコにとってはちょうどいいのだろう。


e0365355_17202527.jpg


 ハギの小枝はかぶりまくって煩いが、こんなアクロバチックな姿を見せてくれれば楽しい。
喉元からの白い羽毛が、まるでアルプスの針峰群のようだ。



e0365355_17202638.jpg



 ズミの赤い実・キミズミの黄色い実・キハダの黒い実といろいろな実で撮ってきたが、ヤマハギの実でのオオマシコは揺れ揺れて楽しい。

e0365355_17202606.jpg

 
 たった一人じっと待っていれば、オオマシコも安心してかそこそこ良いところに出て来てもくれる。
この場所のハギの実も、残り少なくなっている。
もう少し下にはたくさん残ったポイントがあったから、その内に下の方に移動してくるかもしれない。

e0365355_17154869.jpg

 
 それにしてもオオマシコは可愛い!
半日遊んでもらっても、しばらくしたらまた会いたくなる美しい小鳥だ。 

e0365355_17154713.jpg






オオマシコ(大猿子 Rosefinch)

[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-02-03 20:05 | 野鳥 | Comments(0)

オオマシコ

 雪国の町並みの見える山の中腹で、レンジャクを待つ。
風に揺れる木々。
頭頂部のホザキヤドリギの実が、時折日射しを受け黄金色に輝く。
思う鳥は姿を見せず、ジョウビタキの雌だけが廻りで鳴いてくれた。

e0365355_15154700.jpg

 あきらめて下り、峠を越えてオオマシコに会いに行った。
遠く唐松林の枝先に数羽の黒いものが。
双眼鏡で覗けばオオマシコの雌や若だ。

e0365355_15154803.jpg

 そっと近づき動かず待つと、やがて一羽二羽と下りてきた。
若なのか成鳥雌なのか、判別は難しいが雌のように見える。

e0365355_15154941.jpg

 続いて、こちらは雄の若鳥だろう。
赤味が全体に広がり、さしずめ第一回冬羽といったところか。

e0365355_15154969.jpg

 この子達を遠くから撮っていると、路肩近くに雄成鳥が現れた。
飛来当初はズミやカマツカの赤い実やキミズミ・ムラサキシキブなどの実を食べ、萩の実に群がっているが・・・。
今はその実もなくなり、落ちたハギやイタドリの実を探している。

e0365355_15155089.jpg

 なかなか、雪の上にはのってくれない。

e0365355_15155045.jpg

 それはそうだ。風に吹かれて飛んだ実が落ちているならともかく・・・。

e0365355_15155149.jpg

 こちらを見ても、動かずにいると安心して落ちている種を探し廻ってくれる。
アスファルトの裂け目になにかを見つけた。

e0365355_15155141.jpg

 なんの種子だろうか?

e0365355_15155281.jpg

 道路を横切って側溝を超え、山の斜面の笹藪の中に消えていった。

e0365355_15571916.jpg

 2月は逃げ月。
まだまだ雪が来て、オオマシコも森に入ったり公道に出てきたりと探しづらくなる。
でも、もうしばらくはいてくれるだろう。
消えていく笹の斜面に、またね!と手を振った。

e0365355_15571883.jpg



 

 








[PR]
by photo-etudes-eiji | 2017-02-26 18:00 | 野鳥 | Comments(2)

雪の中のオオマシコ


 雪のPAで仮眠から起きると、窓は厚い雪に覆われ室内にまで吹き込んでいた。
峠の道をゆっくりと走らせて、野鳥を探す。
吹雪に時間だけがむなしく流れ・・・小止みになったとき!
折り返した僕の車の轍に、黒い小石のようなものが。
オオマシコ♂が立ちつくしていた。

e0365355_20172683.jpg

萩の実を食べては、松の梢に入って一休み。
e0365355_20173203.jpg


e0365355_20174515.jpg

のど元と額の剣先のような羽が魅力的だ。
e0365355_20174712.jpg

雪の舞う中、残されたわずかなキミズミの実をおいしそうに食べていた。
e0365355_20175038.jpg






More
[PR]
by photo-etudes-eiji | 2016-12-27 20:45 | 野鳥 | Comments(9)