人気ブログランキング |

花火で遊ぶ

 花火を楽しみながら、露光間ズームで花火と遊んだ。
なかなか加減は難しく、思い描いた絵とは違ったものになったり・・・。
ブレさえも面白く感じるときもあり・・・、はたまた超新星爆発を思わせるように撮れたり・・・。

e0365355_20523104.jpg

e0365355_20523138.jpg

e0365355_20523110.jpg

e0365355_20523077.jpg

e0365355_20523154.jpg

e0365355_20535109.jpg

e0365355_20535120.jpg

e0365355_20535112.jpg

e0365355_20535133.jpg

e0365355_20535222.jpg

e0365355_20544210.jpg

by photo-etudes-eiji | 2019-08-06 17:00 | 風景 | Comments(0)

幕張ビーチ花火フェスタ

 湾岸では、一年中花火が見られる。
TDLの花火は天候次第だが毎日20:30~35、マリンスタジアムではロッテマリーンズナイター開催時の5回裏終了後「VICTORY FIRE」が打ち上げられる。
7・8月は隅田川から江戸川・船橋漁港・幕張と立て続け。
3日は幕張ビーチ花火フェスタに、自転車に三脚を載せていってきた。

e0365355_19532885.jpg

e0365355_19532837.jpg

e0365355_19532838.jpg

e0365355_19532831.jpg

e0365355_19540894.jpg

e0365355_19540859.jpg

e0365355_19540806.jpg

e0365355_19544001.jpg

e0365355_19544074.jpg

e0365355_19544030.jpg

e0365355_19543989.jpg

by photo-etudes-eiji | 2019-08-05 19:55 | 風景 | Comments(0)

 ゴイシシジミなら、午後少ししてからでも笹に降りているだろうと向かった高原は、大雨。
ハイキングに来た小学生達が、雨の中を下ってきた。
逆コースで流すべきだったか?と少し後悔もしたが・・・雲行きを眺めれば待つしかない。
30分ほど待つと、雲が流れ陽が少し差してきた。
急いで探し始めると、ゴイシシジミもわずかの晴れ間に一斉に飛び出してきていた。
ゴイシシジミの写真は現像をしてスライドショーで、バックに「ピエロのトランペット」を流しながら見れば僕程度の写真でも素晴らしいものに感じる。
「初音ミク」に唄ってもらって、動画とスライドショーにしたいものだが・・・その能力がなぁ~~~(^_^;)
で、勝手にアドレスを。
  「La tromba del pagliaccio」(道化師のラッパ)イタリア語
   東京放送児童合唱団
 ゴイシシジミ(碁石小灰蝶 Forest pierrot)

e0365355_16173455.jpg

e0365355_16173110.jpg

 ゴイシシジミは、白と黒のスッキリしたコントラストがうつくしい。
和名の「ゴイシ」も、なるほどその通り!と納得の命名。
その上に、英名ではForest pierrot=森の道化師!
なんて素晴らしい命名か!
シジミチョウ類は、ヴェネチア仮面カーニバルのような顔つきが僕にはたまらない魅力だが、ゴイシシジミはもっともその感じが強い。
 ゴイシシジミ(碁石小灰蝶 Forest pierrot)

e0365355_16200432.jpg

e0365355_16200450.jpg

e0365355_16200409.jpg

e0365355_16205812.jpg

e0365355_16210279.jpg

e0365355_16210742.jpg

 生い茂る笹の上をあちらこちらで、2・3頭でクルクルと螺旋を描いて卍(マンジ)飛翔している。
その数、合計すれば四〇~五〇頭はいただろうか。
 ゴイシシジミは、日本産蝶類では唯一の純肉食性でアブラムシの中に生み付けられそこでアブラムシを食べて育ち、羽化後はその分泌液に依存しているという。
なんとなく、そんなところもピエロの悲しみを思わせてくれる。
 ゴイシシジミ(碁石小灰蝶 Forest pierrot)

e0365355_16215576.jpg

e0365355_16215594.jpg

e0365355_16215577.jpg


e0365355_16235055.jpg

 笹の傍らには、所々にシモツケやフウロ・ノアザミにオオバギボウシなどが咲いてはいたが・・・、花に吸蜜に来るチョウではないのが残念。
(当初、シモツケソウとしたが「シモツケソウとあるのは、葉の形から見て「シモツケ(木)」だと思います。」と野鳥の会の先輩から指摘された
まったくその通りなので、画像も入れ替えました。)
 シモツケ (下野)

e0365355_21503330.jpg


by photo-etudes-eiji | 2019-08-02 17:00 | | Comments(0)