人気ブログランキング |

 渓谷の朝は、片側だけが陽差しを浴びる。
ウグイスが鳴き、コルリがさえずる。
ジョリジョリはメボソムシクイで、ルリビタキもコマドリも増えてきていた。
谷底から高く伸びたコメツガの天辺で、コマドリがさえずっている。
枝と枝の隙間から覗くが、光が降りてきていないので明暗差がつらい。
 コマドリ (駒鳥 Japanese robin)
e0365355_21455225.jpg

e0365355_21455297.jpg

 近くにいたコマドリが、対抗して樹林の中で大きくさえずりだした。
なかなか見つけられない!
隙間から目をこらして探し廻れば、折れた枝の先にいるのをやっとの事で見つけた。
 コマドリ (駒鳥 Japanese robin)

e0365355_21455201.jpg

 ウグイスが、笹の中を動き回って近づいてきた。
ピョンと跳びだしたのは目の前の枯れ枝。
こちらを見て、珍しいものを見たかのようにキョトンと・・・。
一生懸命にさえずっているときは細身に感じるウグイスの、こんな感じもかわいい。
 ウグイス  (鶯 Japanese bush warbler)

e0365355_21455261.jpg

 ルリビタキも寄ってきた。
距離を置いて眺めていると、残雪の残る斜面の方に行く。
 ルリビタキ(瑠璃鶲 Red-flanked bluetail)
 
e0365355_21455298.jpg

 枝から斜面の地表に飛び降りては獲物を捕まえ、次の枝へ・・・。
もう少し・・もう少しと祈るような気持ちで待って、やっとバックに残雪を入れることが出来た。
 ルリビタキ(瑠璃鶲 Red-flanked bluetail) 

e0365355_21471055.jpg

 コマドリは数個体はいるだろう。
なかなか姿を現してはくれず、笹薮の中・斜面の木々の中を動いている。
やっとの事でその姿を見つけても・・・なかなかジックリとは撮らせてくれない。
 コマドリ (駒鳥 Japanese robin)

e0365355_21471015.jpg

 谷の古木の中に、キビタキが上ってきた。
ダケカンバだろうか、縦横に伸びた枝の中に鮮やかな黄色!
若葉がまだまだ繁りきらない谷間の枝では、光を受けて黄色は目立つ。
盛んに枝に付いた虫を探しているのだろう。
 キビタキ(黄鶲 Narcissus flycatcher)

e0365355_21471088.jpg

e0365355_21471053.jpg
 
e0365355_21482044.jpg


 笹薮の中を動いていたコマドリが、枝に上がった。
見ればクチバシの先に、汚れがついている。
笹薮の中をピョンピョンと採餌して回っていたのだろう。
もう抱卵がはじまっているだろうから、またしばらくは探しづらくなるだろうか?
今年も無事に、巣立ちを迎えられれば良いのだが・・・。
 
e0365355_21470906.jpg

by photo-etudes-eiji | 2019-06-17 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

 ミドリシジミの♀の翅には遺伝的多型があって、表面に斑のないO型・オレンジの斑があるA型・青紫の斑のあるB型・オレンジ斑と青紫斑の両方あるAB型の4型があると図鑑にある。
それならば、その4型をキチンと撮りたいと思うのが性格。
オスの金緑色とメスの4型狙いで、何度かフィールドに出かけた。
蝶類について専門的な知識は全くなく、標本や実物を手にとって見たことはない画像だけのレベルだから、判定が難しい。
いろいろ調べ、蝶屋さんの画像などと比べて、勝手にこの型でいいだろうとしたものなので、その程度の信頼性ということで・・・。
 今季最初に出会ったのが、AB型で、これは自信をもってAB型と思えた個体。
青紫とオレンジの斑がしっかり出ていた。
綺麗に完全開翅したところなど撮りたかったが、ワンチャンスだけ開翅してハンノキに上がってしまった。
 ミドリシジミ ♀AB型 緑小灰蝶

e0365355_18444352.jpg


 ついで撮れたのが、表面に斑のないO型。
光の加減で青味や橙色が出たりしないか、良く動いてくれたのであっち向きこっち向きと撮った。
 ミドリシジミ ♀O型 緑小灰蝶

e0365355_18444349.jpg

e0365355_18444399.jpg

e0365355_18444206.jpg

e0365355_18472092.jpg

e0365355_18473070.jpg

 別の日に撮った個体は、羽化から間もないのかヨシの折れた葉で長い時間翅を閉じたままでいた。
一回り・二回りしてきても閉じたままで、一瞬だけ開いたと思ったらハンノキに飛び上がってしまった。
 ミドリシジミ ♀O型 緑小灰蝶

e0365355_18480646.jpg
 
 今季のフィールドは寒暖差が大きく雨も強く降ったりで、良かった頃に比べて出現数が少なく感じた。
そのせいか綺麗なB型個体とは一度だけの出会いだった。
 ミドリシジミ ♀B型 緑小灰蝶

e0365355_18491657.jpg

e0365355_18490964.jpg

 問題はA型。
図鑑では『橙斑(やや淡色もあり)』とある。
AB型個体のような、橙斑が綺麗に出た個体には出会えなかった。
代わりに出会えたのがこんな個体。
彩度を上げるとうっすらとオレンジ味があるのだが、確信が持てない。
O型かもしれないし・・・、ということで、ここではOA型としておくことにした。
しっかり、橙斑の綺麗なA型個体を撮ってみたいものだ。
 ミドリシジミ ♀OA型 緑小灰蝶

e0365355_18504510.jpg

e0365355_18504596.jpg

e0365355_18504510.jpg

by photo-etudes-eiji | 2019-06-15 19:00 | | Comments(0)

 今季のミドリシジミ撮影は、その美しい金緑色をしっかり撮るのがひとつの課題だった。
羽化してカサスゲの中から上ってきた個体は、なかなか開翅してくれず。
少しだけ開いたと思えば、ハンノキに舞い上がってしまう。
開翅してもミドリシジミの向きが逆で、青シジミ状態。
 ミドリシジミ ♂(緑小灰蝶)

e0365355_19374103.jpg

 晴れた日は気温が上がって下草で開翅する個体が少なく、羽化して上ってきた個体は1時間も開翅せず。
飛んだと思ったらハンノキの中段に消えてしまう。
 ミドリシジミ ♂(緑小灰蝶)

e0365355_19373757.jpg

e0365355_19373787.jpg

e0365355_19373730.jpg

 ハンノキの中段から上部では、日中でも数頭が飛び交っていても・・・降りてはくれず。
曇った日は開翅するも、光が射さず金緑色の構造色が出ない。
どういう条件なら、開翅してくれるのか・・・わけも分からず苦戦した。
 ミドリシジミ ♂(緑小灰蝶)

e0365355_19384859.jpg

e0365355_19384882.jpg

e0365355_19393939.jpg

e0365355_19393970.jpg

e0365355_19393888.jpg

e0365355_19401444.jpg

e0365355_19401446.jpg

e0365355_19403700.jpg

by photo-etudes-eiji | 2019-06-14 20:00 | | Comments(0)

雨に咲く大賀ハス

 前後してしまうが、こちらを先に。
梅雨らしい雨の朝・・・、散歩ついでに大賀ハスを見に行こうか?
晴れれば混むし、早朝が良いに決まっているし、降り続く雨では水玉だらけだろうが・・・。
絵にならなくても、静かな雨の風情もイイものだろう。
そう思うことにして、でかけた。
 咲き始めた大賀ハスは、この日(10日)38輪咲いたというが10時頃に目についたのは10輪ほど。
蓮の葉には、しとしととそぼ降る雨をロータス効果で集めた水玉がコロコロ。
コロコロ、コロコロ・・・右に左に揺れて遊んでいる。
傘をさして、ゆったりと一回り、二回り。
 オオガハス( 大賀蓮 Oga lotus )

e0365355_19490791.jpg

e0365355_19490702.jpg

e0365355_19490786.jpg

e0365355_19490718.jpg

e0365355_19490768.jpg

e0365355_19505499.jpg

e0365355_19505459.jpg

e0365355_19505545.jpg

e0365355_19505562.jpg

e0365355_19505411.jpg


by photo-etudes-eiji | 2019-06-11 20:00 | 風景 | Comments(0)

 梅雨入り前、あちこちでフクロウの子供達が巣立っていった。
過去に何度も歩いた公園の、高木の中段に白いものが動いていた。
大きさや形から、直ぐにフクロウの巣立ち雛とわかった。
 近くにいるだろう親フクロウを探したが、見つけられなかった。
 フクロウ 巣立ち雛 (梟 Ural owl)

e0365355_21385620.jpg

 見上げの高い位置だから、全身は見ることができない。
全身スッキリでもっと広く光景をいれたいが、隙間からしか見えないのでそれは無理。
こちらに気付いた巣立ち雛が、首を伸ばした。
まるで、白いダルマさんだ。
 フクロウ 巣立ち雛 (梟 Ural owl)

e0365355_21385550.jpg

 別のポイントでは、林の中に一羽の巣立ち雛。
遠景をいれて撮りたいのだが・・・、こちらも隙間からしか撮れずでトリミング前提。
2・3カット撮って退散した。
 フクロウ 巣立ち雛 (梟 Ural owl)

e0365355_21385668.jpg

e0365355_21385572.jpg

e0365355_21385501.jpg



by photo-etudes-eiji | 2019-06-10 21:41 | 野鳥 | Comments(0)

ヤマドリと出会う

 山地を廻ればヤマドリとの出会いはあるが、写真にするといつも逃げていく直前や後ろ姿が多かった。
ヤマドリは、日本にしかいない日本固有種。
しかし、僕のヤマドリの認識はイヌワシやクマタカといった森林性大型猛禽類の、ウサギと並ぶ主要な餌動物というもの。
だからこれまでの出会いも、コマドリを探した雪解けの斜面に採餌に来たときや、冬の雪道でイスカやオオマシコを探しているときに偶然出会った程度。
今回の出会いも、亜高山を廻って下りてきた作業用道路の入り口。
窓を全開にして、鳥の声を探しながらゆっくり走っていると前方にヤマドリが!
 ヤマドリ ♂(山鳥 Copper Pheasant)
e0365355_18303490.jpg

 今回も去って行く後ろ姿かと、エンジンを切って窓から一枚二枚シャッターを切るとふたたび戻ってきた。

e0365355_18303416.jpg
尾羽の長さが際立つ。
ヤマドリは、オスの全長が約125cmで(キジのオス 81 cmほど)・メス55cm ほどだが、オスの尾は長く90cmほど。
ファインダーの中心に眼をもってくると、尾羽が切れてしまう。

e0365355_18311905.jpg

 その上に大問題は、山の刺すような直射日光。
林縁の影から出て来たのはいいが、明暗差が厳しい!
バックの緑も、ギラギラの光に揺れてうるさく騒ぐ。

e0365355_18311938.jpg

e0365355_18322615.jpg

e0365355_18325191.jpg

 真っ暗に近い日陰に入ってくれて、やっとなんとか一枚をものに出来た。

e0365355_18331815.jpg

e0365355_18331863.jpg
 しかし・・・、そこでこちらに気付かれて・・・光あふれる中にスタコラサッサ!
わずか、3分ほどの出来事だった。
 ヤマドリ ♂(山鳥 Copper Pheasant)

e0365355_18331862.jpg

e0365355_18331841.jpg

by photo-etudes-eiji | 2019-06-06 19:00 | 野鳥 | Comments(0)

亜高山を廻る

 梅雨前の亜高山へ、車を走らせる。
ウグイスが鳴き、メボソムシクイが所々で♪ジョリジョリ♪と唄う。 
狙いはジュウイチだったが・・・杜鵑類の声がしない。
撮りたい気持ちばかりが先に立って、フライングしたかな~~?
まだ、登ってきていないのかもしれない。
遠くのシラビソの天辺に、♪フィーフィー♪と、ウソがやって来て鳴いた。
 ウソ ♂(鷽 Eurasian bullfinch)

e0365355_18323346.jpg


 しばらく待っていると、だんだんと近づいてきた。
樹木についても知らないことばかりで、ヒノキの若木だろうか?サワラとかだろうか?なんとも判断できない天辺に止まった。

e0365355_18323478.jpg
 
 そのうちに近くの良いところにやって来て、お見合い状態に。
この木も、白樺・ダケカンバ・ブナ?なんだろなぁ?
 ウソ ♂(鷽 Eurasian bullfinch)
 
e0365355_18323404.jpg

e0365355_18323326.jpg

 「冬山の番人」=コガラがやって来た。
この木はシラビソかオオシラビソ。
毎年図鑑を見て、解ったようなつもりになっては・・・翌年、また解らなくなる。
 コガラ(小雀 Willow tit)

e0365355_18323415.jpg
 ♪ジョリジョリジョリ♪と、あちこちで鳴いていたメボソムシクイが姿を見せてくれた。
 メボソムシクイ (目細虫食  Japanese leaf warbler)


e0365355_18350598.jpg

e0365355_18350538.jpg

 いつもなら、もうとっくに上ってきてさえずっているはずのルリビタキの声がしなかった。
まだ上がってきていないのかと、少しくだって登山道に続く道を歩くといたいた!
まだ、ペアになっていないのか?よくわからないが、道沿いに採餌していた。
 ルリビタキ(瑠璃鶲 Red-flanked bluetail)

e0365355_18364883.jpg

 ルリビタキはさえずることもなく、枝から枝へ渡っては地面の獲物を探し回っている。
日当たりの良い登山道への道は、やっと若草が伸び出してきたばかり。
もう少ししたら、ルリビタキも天辺でさえずってくれるようになるだろう。
この時は会えなかったが、コルリの声もしたからジュウイチももうすぐやってくるだろう。

e0365355_18364843.jpg

e0365355_18364866.jpg

by photo-etudes-eiji | 2019-06-05 19:00 | 野鳥 | Comments(0)

 ゼフィルスの季節がはじまった。
もう発生しているだろうと向かった公園には、5頭ほどのミドリシジミが出てくれた。
ミドリシジミは、「千葉県レッドリスト」の要保護生物。
「ミドリシジミ」という名の付くシジミは日本には現在13種いて、これらをミドリシジミ類としたり通称で「ゼフィルス」といったりしている。

①ミドリシジミ ②オオミドリシジミ ③ハヤシミドリシジミ ④ジョウザンミドリシジミ ⑤ エゾミドリシジミ

⑥クロミドリシジミ ⑦ウラジロミドリシジミ ⑧ヒロオビミドリシジミ ⑨フジミドリシジミ  

⑩キリシマミドリシジミ  ⑪ヒサマツミドリシジミ ⑫メスアカミドリシジミ ⑬アイノミドリシジミ
 
  赤字が、そこそこ撮った種だから、今年はもう少し何とかしたいが・・・。
 ミドリシジミの美しさは、やはり金緑色の輝きだ。
キリシマミドリシジミという種が、もっと強く金緑色が出るそうだがこれは四国や九州の山地に行かなければ難しそうだ。
 ミドリシジミ ♂(緑小灰蝶)

e0365355_17223600.jpg
 探し歩いて、最初に見つけたのはウラギンシジミ。
ウラギンシジミは5~10月頃の間に2・3回発生し、秋のものは越冬する。
こちらはキレイな個体だから、今年発生したものだろう。
近くで、♂♀両方見ることができた。
 ウラギンシジミ ♂(裏銀小灰蝶)
e0365355_17182882.jpg

 ウラギンシジミの翅裏は、♂♀どちらも銀白色でそれが和名の由来だそうだが、僕には白色にしか見えない。
ウラキンシジミもいるが、それも金いろというには・・・。
こちらは♀
 ウラギンシジミ ♀(裏銀小灰蝶)
e0365355_17182993.jpg

 少しだけ開翅した、ウラギンシジミ ♀(裏銀小灰蝶)
e0365355_17182990.jpg

 ミドリシジミ類は、裏翅の模様・白条や肛角部の斑紋・尾状突起などで種の判別をしたりするのだが、初心者の僕にはなかなか難しい。
まして同時に同じ個体の表翅・裏翅を撮れれば良いが、なかなかそういかない。
図鑑片手に比べるのだが・・・。
今回はすべて表裏見ることができて、雌雄の判別がついた。
というより・・・・雄しか発生していなかったようだ。
 ミドリシジミ ♂(緑小灰蝶)

e0365355_17182979.jpg

e0365355_17182832.jpg

e0365355_17210321.jpg

 この植物はなんなのだろうか?
谷津田湿地によく見るが、カヤとかヒエとかジグサとかそんな感じ。
またいつか、園の人に確かめてみよう。
e0365355_17214952.jpg

 ミドリシジミは発生間もないキレイな個体だったが、なかなか降りて開翅してくれず・・・。
e0365355_17210268.jpg
 やっと開いても光の角度が違うと、青く・・・。
 ミドリシジミ ♂(緑小灰蝶)
e0365355_17223658.jpg


 ミドリシジミの表翅の色は、見る角度や日射の加減によって金緑~緑色や青色に色合いが変化する。
オオルリやカワセミと同じ「構造色」で、鱗粉表面に刻まれた格子状の構造による光の干渉により緑から青色の光のみが反射されるためだそう。
一番イイ色の出る位置で撮りたいが、なかなか相手がそうしてくれない。
 ミドリシジミ ♂(緑小灰蝶)
e0365355_17223692.jpg

 それでもなんとか、金緑色の雰囲気を撮ることが出来た。
 ミドリシジミ ♂(緑小灰蝶)


e0365355_17223659.jpg
 もう少ししたら、♀の羽化もはじまるだろう。
ミドリシジミのメスには、「A・B・O・ABの4型」があるのだが・・・まだ全部を撮れていないのが、今年の課題だ。

by photo-etudes-eiji | 2019-06-03 18:00 | Comments(0)

習志野・谷津バラ園

 子供達をめぐるあまりにも凄惨な事件が続き、何故なんだ!という思いばかりがグルグルと頭の中を回って・・・「のうてんき」を装った文章さえ浮かばなかった。
・・・・・・
 5月19日・・・曇り空に時折青空がのぞく日曜に、谷津干潟を散歩した。
この時期の密かな楽しみは、保育園の園庭に実る「サクランボ(さとうにしき)」。
平日なら園児達に「サクランボが実ったね!」などと、二言三言声をかけたり・・・。
 もうひとつが、谷津干潟散策路の桑の実。
今年も赤い実をつけ、黒く熟してきていた。
二粒ほど口に含めば、ほのかに香り甘さが広がる。
 クワの実 Mulberry

e0365355_21120588.jpg

 桑の若木があちこちに増えてきたのは、鳥たちの影響だろうか?
ノイバラもずいぶん増えてきた。
冬場は、ジョウビタキやツグミなどが寄ってくる赤い実が付く。
ノイバラは白い花だが、これはヒメイバラとかナニワイバラかもしれない。

e0365355_21120547.jpg

 ノイバラが満開だから、普段は混雑の休日には寄らない谷津バラ園に寄ってみた。
満開近いバラ園は、老若男女たくさんの人出。
大好きな薔薇のパーゴラから回る。
 習志野・谷津バラ園

e0365355_21120521.jpg

 パーゴラの柱に、つる性のバラが豪華すぎるほどに咲き誇っている。

e0365355_21120437.jpg

 そんな光景を眺めていると、目は一点に釘付けになってしまった。
たくさんの人が行き交い感嘆の声を上げる中、美しい姿勢で黙々と筆を走らせる少女。
その立ち姿の美しさからは、描かれているであろう絵の上手さも容易に想像された。
まるでモデル撮影会のような、立ち位置も衣装もポーズも指定して作り上げたかのようなシチュエーション。
見とれてしまった。

e0365355_21133619.jpg

 付き添っていた方に話を聞くと、「Observation Art Labo オブザベ美術実験室」(https://obsabe.tumblr.com/)の写生会が行われていたのだった。
とても面白く、感動を絵にするといった取り組み方や、不登校など子供達を取り巻く難しさにも向き合っている絵画教室だった。
 子供達が、思い思いに座り込み盛んに写生していた。
そんな姿を眺めていれば、こちらも懐かしい「美術の時間」を思い出し、素晴らしかった先生方やクラスメイトの顔が浮かび、語らった事唄った歌までが鮮明によみがえった。
納得のいく写真を何枚か撮って、送らせてもらった。
喜んでいただいて、横顔の少しわかるカットのブログアップの許可もいただいたが・・・、それらはやめて、上のワンカットだけにした。

e0365355_21154805.jpg
 つるバラを誘引したアーチは、満開。
つるバラが青空に伸びるのは、気持ちが良い。 

e0365355_21154824.jpg

e0365355_21154943.jpg


 あまりに素敵な子供達の姿を見て感動してしまい、あとは普通に好きな品種のバラを撮って、香りを楽しみ・・・五月の晴れ間を楽しんだ。

e0365355_21154927.jpg

e0365355_21201902.jpg

e0365355_21201962.jpg


by photo-etudes-eiji | 2019-06-01 21:30 | 風景 | Comments(0)