人気ブログランキング |

白変種のコゲラ

 少し時間がたってしまったが、白変種=Leucismのコゲラがいるというので短時間寄ってみた。
白いコゲラは、川岸の疎林を忙しく採餌していた。
白いコゲラ・・・というと、直ぐに「アルビノ(albino)」という言葉が浮かぶが、どうやらこの個体は風切や雨覆に茶色い模様が出ているからアルビノではなく白変種=Leucismというのが正解だ。
 この点でネットの画像では相当混乱していて、アルビノと誤断定しているブログも多い。
『アルビノ(albino)は先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患がある個体。
白変種(はくへんしゅ・リューシズム(Leucism))とは、色素の減少により体毛・羽毛・皮膚等が白化した動物の個体をいう。
メラニンに係わる遺伝情報の欠損により白化したアルビノとは異なる。』
 コゲラ 白変種=Leucism(小啄木鳥 Japanese pygmy woodpecker)


e0365355_21573043.jpg


 一般的にアルビノと呼ばれる個体は、メラニン色素を作る遺伝子が欠損しているため本来の色を持たずに白化した個体となるのにたいし、白変種=リューシは正常な遺伝子の作用によって体毛や皮膚のみが白くなっていて、メラニン色素が残っているので模様もしっかり識別できる。

e0365355_21572983.jpg



e0365355_21573037.jpg


e0365355_21573055.jpg


e0365355_22243820.jpg


e0365355_22243824.jpg


e0365355_22243890.jpg


e0365355_22243892.jpg

 日本のキツツキの中で一番小さいコゲラ。
普通種のコゲラを二枚載せておこう。

e0365355_22243897.jpg


e0365355_21573082.jpg



by photo-etudes-eiji | 2019-01-28 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

 コミミズクがフクロウ類の中でも異質なのは、冬鳥として飛来することと日中でも活動すること.
陽が西に傾き夕暮れ近くなると、それまで葦原を帆翔していたハイイロチュウヒに代わってコミミズクが活動し始める。
 コミミズク(小耳木菟 Short-eared owl)& ハイイロチュウヒ(灰色沢鵟 Hen harrier)

e0365355_16504445.jpg

 順光側の青空を飛ぶコミミズクは、ゆったりとした気持ちで撮れる。
時折、目の前を横切っては驚かせてくれたりもするが。
 コミミズク(小耳木菟 Short-eared owl)

e0365355_16505559.jpg

 しかし、逆光側での光あふれる中をゆくコミミズクはなかなかに難儀だ。
空気の揺らぎがあったり、葦の輝きに負けてしまったり・・・。

e0365355_17123488.jpg


e0365355_17142639.jpg

 トルストイの「光あるうち光の中を歩め」を思い出させるような一時だ。

e0365355_17123583.jpg


e0365355_17123492.jpg

e0365355_17132813.jpg


e0365355_17132864.jpg

e0365355_17135711.jpg


e0365355_17135742.jpg

 葦原を滑空してひとしきり狩りをしたコミミズクが、一休みに来た。

e0365355_17142597.jpg




by photo-etudes-eiji | 2019-01-21 18:00 | 野鳥 | Comments(0)

コミミズクの狩り

 コミミズクは近くで見れば相当に厳つい顔をしているが、離れた距離で見ている分にはやんちゃな雰囲気が勝っている。
土手を帆翔して、獲物を探す。
 コミミズク(小耳木菟 Short-eared owl)


e0365355_22354431.jpg



e0365355_22354479.jpg


e0365355_22354460.jpg

 
 葦原の向こうからコミミズクがやって来た。
低い位置から、わざと葦の葉をかぶらせて雰囲気を出したつもりだがどうだろうか・・・。

e0365355_22354995.jpg


e0365355_22454746.jpg


e0365355_22454834.jpg


e0365355_22462152.jpg



e0365355_22462117.jpg



e0365355_22462118.jpg



e0365355_22470968.jpg


e0365355_22470962.jpg



e0365355_22473998.jpg


by photo-etudes-eiji | 2019-01-18 06:00 | 野鳥 | Comments(2)

 地上1mほどを這うように滑空していたハイイロチュウヒが、突然に両脚を突き出し草むらにおりる。
中空でホバリングしては一点を狙い定めて急降下し獲物を狩るノスリに対して、チュウヒやハイイロチュウヒは帆翔しては獲物を見つけ次第宙返りするかのように身を翻して襲いかかる。
それまで閉じられていた尾羽が、花開くように黒い横斑が全開する。
ハイイロチュウヒの雄の尾羽下面が灰白で横斑もそれほど目立たないのに対して、雌は鮮明だ。
 ハイイロチュウヒの狩り、はチュウヒと同様に帆翔しての不意打ちハンティングがメインのようだが、獲り逃がしたときなど地上に下りたまま逃げた獲物が現れるまで待ったりする行動も見られた。
 ハイイロチュウヒ ♀(灰色沢鵟 Hen harrier)

e0365355_10055008.jpg

e0365355_10055042.jpg


e0365355_10055026.jpg


e0365355_10055099.jpg

e0365355_10055011.jpg

e0365355_10074543.jpg

e0365355_10074515.jpg

e0365355_10074694.jpg

e0365355_10094630.jpg

e0365355_10131130.jpg


e0365355_10131142.jpg
 
 西の空が色付き始める頃、ハイイロチュウヒの雌はねぐらに戻っていった。

e0365355_10131172.jpg





by photo-etudes-eiji | 2019-01-14 17:00 | 野鳥 | Comments(0)

 ハイイロチュウヒの♀タイプが、河川敷の葦原を地をはうように滑っていく。
フィールドでノスリとチュウヒ・ハイイロチュウヒの三種を見比べると、ハイイロチュウヒが最も低く滑空していることが多い。
地上0.5m~2.0mほどをなめらかに滑空しては急反転して獲物を押さえたかと思えば、葦の中をいつの間にか10m近く移動した場所から突然飛び立ったり・・・。
 ハイイロチュウヒの雄は今までずいぶんと撮影してきたが、雌は機会は多くてもあまり撮っていなかったので逆光の中での雌を狙ってみた。
 ハイイロチュウヒ(灰色沢鵟 Hen harrier)


e0365355_22252572.jpg


e0365355_22252531.jpg

e0365355_22252584.jpg

e0365355_22252524.jpg

e0365355_22252625.jpg


e0365355_22265347.jpg


e0365355_22265373.jpg


e0365355_22265399.jpg


e0365355_22265338.jpg


e0365355_22265418.jpg


e0365355_22274092.jpg


e0365355_22274093.jpg


e0365355_22274097.jpg


e0365355_22274184.jpg


by photo-etudes-eiji | 2019-01-12 22:29 | 野鳥 | Comments(0)

穏やかに年始

 穏やかな年始をゆったりと過ごしすぎたかな?
温暖化の影響か、冬鳥の飛来は近年まれに見る遅さ。
どこで何を探すか・・・悩む必要も無く、朝に富士山を眺め夕に赤く染まる富士山を眺めた。
 「♪したまちの そらにかがやく♪」そんな歌の景色は、コンクリートにかわりスカイツリーが屹立する。

e0365355_23391894.jpg

e0365355_23391853.jpg

 若かったお姉さんはそれなりに歳を重ねても、変わらない光景があり・・・。

e0365355_23391875.jpg

e0365355_23391893.jpg

 今では、本堂の火災の記憶も遠い過去になり・・・。
走り回った恩師も平和を祈りながら旅立ち・・・。

e0365355_23391818.jpg

e0365355_23391975.jpg

 変わらぬ昔ながらの手焼きのおせんべいは、美味しい。

e0365355_23391935.jpg

 東京タワー60周年だという。

e0365355_23391926.jpg

 2019年、今年はどんな出会いがあるだろうか?

e0365355_23391974.jpg



by photo-etudes-eiji | 2019-01-09 06:00 | 風景 | Comments(0)

 新月の時でさえ、森は漆黒の闇に包まれても見上げる空には星々が輝く。

e0365355_23102390.jpg


 やがて天頂にいた星が西に沈むころ、濃紺の空は美しい藍に変わって東の空が白み出す。
地平線がほんのりと色付き始めると、一気にオレンジが濃くなってくる。

e0365355_23110555.jpg


e0365355_23110954.jpg


e0365355_23113738.jpg

背中の雲もうっすらと染まるころ、オレンジの中心が金色に変わり・・・やがて光芒が走ってくる。

e0365355_23135454.jpg

e0365355_23130297.jpg

e0365355_23130209.jpg
 日の出だ。
♪夜明けだ 夜が明けてゆく♪口笛とともに夜明けの歌・朝の歌を唄いたくなる。

e0365355_23130195.jpg


e0365355_23135798.jpg


 日の出のマジックアワー。
何度も何度も見てきたのに、そのたびごとに感動に胸が締め付けられる。
あぁ、もう一度・・・金色に染まるマッターホルンを見てみたいものだ!パタゴニアの朝焼け夕焼けはどんなに綺麗だろう!・・・そう、心はあちこちにも飛ぶ。

e0365355_23140027.jpg

 新しい年が明けた。
また新しい朝が来た。




by photo-etudes-eiji | 2019-01-01 00:01 | 朝陽・夕陽 | Comments(2)