チョウセンアカシジミ

 チョウセンアカシジミも、大雪山に住むナキウサギ同様に、氷河期を越えて命をつないでいるチョウだそうだ。
 『チョウセンアカシジミは、氷河期を経たはるか太古の昔に大陸から渡り限られた地域に陸封された希少種。鱗翅類シジミチョウ科に属している。この蝶は名前が示す通り朝鮮半島、中国北東部、ウスリー、アムール地方だけに分布すると考えられていたが、昭和27年(1952)当時の宮古高校教師・山本弘氏・・・により田野畑村での発見が報告され、以後の調査により日本国内では岩手、山形、新潟などに生息していることが判明した。』 岩手県宮古市みやこ百科事典 ミヤペディアより
かつて日本海がなく、日本列島が大陸の一部だった頃から命をつないでいたというから壮大な歴史を秘めた姿に感動する。
 チョウセンアカシジミ 朝鮮赤小灰蝶

e0365355_17175515.jpg

 日本に産することが判明したのは1952年で、それ以前は朝鮮産として知られていたのでこの和名があるそうだ。
トネリコの葉の上で休んでいた。
今年の発生は五月の末と早かったそうなので、三週間ほどたっているので会えないか会えても傷んだ個体だろうと思っていたが孵化してわずかという個体に会えた。

e0365355_17174764.jpg


 チョウセンアカシジミは、環境省のレッドデータブックで絶滅危惧種2類で鳥類でいえば、サシバやハヤブサ・アカヒゲ・クマゲラ・サンショウクイなどと同じ位置にいる。

e0365355_17174758.jpg


 『チョウセンアカシジミの幼虫が食べるのは、トネリコという木の葉だけです。
 トネリコにはいくつかの種類がありますが、チョウセンアカシジミの幼虫は葉が広くなるデワノトネリコしか食べません。デワノトネリコは、地元ではアオダモ、ヤチダモ、モエブト、タモノキなどと呼ばれているようです。 』 岩手県宮古市教育委員会 
 こちらの個体は羽化不全なのだろうか?
それでも、夕方にはしっかり飛び回っていた。


e0365355_17174883.jpg


 蝶類はよく花にとまっては吸蜜するが、観察していてもチョウセンアカシジミにそのような雰囲気がない。
調べてみると『本来花などから吸密することがなく、水分のみで生きているチョウセンアカシジミだから、周囲に吸密源の草花は必要ない・・・・・』という一文に出会った。

e0365355_17174843.jpg

 ほんとうだろうか?
トネリコの葉に止まってそこから養分などを得ているのではないのか?
水だけというのは信じがたい話しだが、僕にはまったく解らない。


e0365355_17290422.jpg


 チョウセンアカシジミは、なかなか表翅をひろげて見せてはくれない。
それでもやっと、ワンチャンスだけ何とかこの程度ひらいてくれた。

e0365355_17290480.jpg


 トネリコの枝をよちよちと歩く個体がいて、「産卵するよ!」と教えて貰った。
トネリコの幹の北側の樹皮に、ほのかに緑っぽい卵を産み付け始めた。


e0365355_17174849.jpg

 最盛期には二〇〇頭近くが乱舞したそうだが、終盤のこの時はそれでも夕刻には二組のカップルができていた。

e0365355_17290472.jpg


 今回は残念ながらウラキンシジミには会えなかった。
それでも「梅雨時の妖精」達に会え、満足のいく帰路だった。

e0365355_17290428.jpg


[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-06-26 17:00 | | Comments(0)

キマダラルリツバメ

 日本には約七十種ほどのシジミチョウがいるそうだが、その中で僕が一番美しいと思うのはキマダラルリツバメだ。
今年も鳥友と日程を合わせて、奥会津に会いに行ってきた。
早めに「雪国茶屋」に到着して、チョウセンアカシジミを撮り信州の鳥友と合流。
「雪国茶屋」御主人で蝶類研究50年という角田さんが、昨年僕らがインタビューされたローカル放送の番組を録画していてくれてみんなで見せてもらった。
15時を過ぎて登場するキマダラルリツバメに出会うべく、桐畑のフィールドに向かい探すと10頭近くの美麗な個体に出会えた。
上から三枚は裏翅の模様から別々の個体だと解るだろう。
 キマダラルリツバメ (黄斑瑠璃燕 The Japanese Silverlines)


e0365355_22023206.jpg


e0365355_23183042.jpg


e0365355_22050739.jpg

 環境省レッドリスト2007年版では「準絶滅危惧種」。
キマダラルリツバメは、表翅の明るい瑠璃色と肛角部の橙斑も裏翅の斑紋に橙斑も両方が衆人を引きつける美しさだと思う。
そして、日本のシジミチョウの中で唯一キマダラルリツバメのみが2対4本の尾状突起を持っている。
この点も英名に「Japanese 」と付けた、一因では無いだろうか。
 
e0365355_22023369.jpg

 下側から覗けば、まるで優雅に飛んでいるような感じだが、キマダラルリツバメの飛翔は速くヒラヒラと舞うなどというものではなくヒュンといってしまう。

e0365355_22023273.jpg

 しかも、じっと止まって美しい表翅を見せてくれていたかと思えば、他の♂が現れるやテリトリー占有活動で追い払うために二頭が舞う卍飛翔が始まる。
まるで二頭がらせんを描くかのようにクルクルと舞い上がる。
動画でとればイイのだろうが、ピントが難しい。


e0365355_22023262.jpg


 キマダラルリツバメは、卵から孵化すると幼虫は自分で這って樹上にあるハリブトシリアゲアリの巣に入り、幼虫での越冬をへて蛹化まで育ててもらうという。
『ハリブトシリアゲアリの巣の中で暮らすキマダラルリツバメの幼虫は、アリから口移しによってエサをもらいますが、自らアリが集めたエサに齧りつくこともあります。
チョウは羽化するとアリから攻撃されるため大急ぎで巣から脱出しなければいけません。
そのとき、アリの注意を逸らすために羽の後ろには長い毛のようなものが生えています。
また、万が一体に攻撃されてもダメージを最小限に抑えるため、体にはたくさんの毛が生えているのです。 』 「 AntRoom」より


e0365355_23183156.jpg


 『ムラサキシジミ、イワカワシジミ、ヤマトシジミなどの幼虫は、植物を食べて生活をしていて、蜜でアリを呼ぶ事で他の外敵から身を守ってもらう程度で、それほどアリとの関係は深くはなく、集まってくるアリの種類も様々です。
しかし中にはクロシジミ、キマダラルリツバメ、ゴマシジミのように特定のアリの巣で生活をして、アリがいないと生きて行けないような種類もいます。』 「 AntRoom」より
 そんな鳥類での「托卵」のような、育ての親というものがいるチョウというのも驚きの生態だ。


e0365355_23183166.jpg



 ついでに「 AntRoom」という、アリ専門のHPによれば・・・
『一般的なアリのコロニー(家族)は、女王(母)を中心とした働きアリ(娘)達により構成されて、巣の中で産卵できるのは女王アリだけです。
雄アリには羽があり、繁殖期にだけ現れ、交尾をすると死んでしまいます。
そのため、普段私たちが目にするアリはすべてが雌なのです!!』


e0365355_23183042.jpg



 美しさと驚きの生態のキマダラルリツバメは、この日新鮮な♂個体がたくさん出てくれたがメスの姿は確認できなかった。

e0365355_23183056.jpg


 昨年は撮影できた交尾場面も当然に無しだったが、これだけ新鮮な個体に出会えれば十二分に楽しむことができた。


e0365355_23194232.jpg


 また来年も会いにこよう!
「雪国茶屋」のご夫妻に挨拶して、奥会津をあとにした。


e0365355_23194301.jpg




[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-06-25 06:00 | Comments(0)

天空のヒメサユリ

  東北地方を、太平洋側斜面と日本海側斜面に大きく二分する日本列島では最長の脊梁山脈=奥羽山脈。
その日本海側の飯豊・朝日連峰の登山道に、ひっそりと咲き乱れるヒメサユリという花があるという。
たおやかな残雪の山並みと深く刻まれた雪渓へと続く登山道の脇に、鮮やかに咲くユリの花。
そんな写真を見たのは、中学時代のアルパインカレンダーだった。
この時季になると、その光景が目を閉じれば浮かんでくる。
 今年はキマダラルリツバメを撮りに行く途中、南会津・南郷の「天空のヒメサユリ」に寄ってみた。
仮眠をして山道を行けば、いかにもヨタカやコノハズクのいそうな雰囲気にアカショウビンの声が聞こえる。
早朝の「高清水自然公園」は、五分咲きの新鮮なヒメサユリが高原の風にゆれていた。
 ヒメサユリは日本特産のユリで、野生種は環境省のレッドリストで準絶滅危惧(NT)。
 ヒメサユリ(姫早百合・姫小百合)

e0365355_16575738.jpg


 『ひめさゆりは種で繁殖します。
秋に地面に落ちた種が土中に入り、翌年根が生えて小さな球根をつけます。
3年目の春、一片の葉が地表に表れ、翌年その葉が大きくなり、日光を浴びて球根に養分を蓄えます。
5年目、茎を伸ばし葉も2~3枚に増え、さらに球根が成長します。
6年目には葉が5~6枚に増え、ようやく1輪の花をつけます。
そしてその翌年からは球根の成長に伴い、1年に1輪ずつ花を増やし続けます。』南会津町役場南郷総合支所「ひめさゆりガイド」より
 ヒメサユリが、まるでカタクリのような育ち方をするとは、まったく知らなかった。
そんな驚きや感慨とともに園内をタップリと歩き、ヒメサユリを堪能した。


e0365355_16575793.jpg


e0365355_16575727.jpg


e0365355_16575775.jpg


e0365355_16575842.jpg


e0365355_17484984.jpg


e0365355_17484919.jpg


e0365355_17484977.jpg


e0365355_17485045.jpg


e0365355_17484908.jpg





[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-06-23 06:00 | 風景 | Comments(0)

天辺コマドリ

 コマドリに会いたい・・・そう思った20年ほど前、いろいろなブログに載っていたのは苔むした岩の上や倒木の緑の苔舞台でさえずる写真だった。
春の渡りの時期の都心の公園や山梨・群馬の峠や谷、いろいろと行ってみたが・・・。
そうしてだんだん解ってきた。
以来、人為のない自然の中で探し始めた。
ところがこれが手強かった。
声はすれども姿は見えず・・・登山道を声につられて上ったり下りたりを繰り返し、撮れたのはモモンガだけとか・・・。
そんなことを繰り返し、やっと動きを読めるようになって・・・いろいろな新しい場所も探せるようになった。
 そんな、実力も無いのに慢心が芽生えたころ、声はしてもまったく見つけられないポイントに出会った。
笹薮に目をこらし木々の枝や茂みを追い・・・結局はいつものように近くのソングポストに出て来た一枚で帰る。
一日何をしていたのだろうと徒労感に包まれた。
コマドリは頭の上にいたのだった。
 コマドリ (駒鳥 Japanese robin)

e0365355_19543135.jpg

 標高1800mを越えただろうか?
今年も天辺コマドリを撮りに行った。
コマドリが数個体鳴き交わしている。
シラビソやオオシラビソ・コメツガなどの天辺を見回すと、朝の冷気の中で軽やかに歌うオレンジ色が!

e0365355_19543132.jpg


 実の形はシラビソのようだが・・・。
ここでも何も知らない自分がいた。
シラビソ・オオシラビソ・ウラジロモミ、似たような実を付ける三種類の樹木がここにはある。
天辺を見て十字架が付いていればオオシラビソと言う人もいる。
「球果の先端がオオシラビソでは丸みを帯びているのに対して、シラビソでは先端が尖っている。」ともある。
すると下の絵はオオシラビソだろうか?

e0365355_19543032.jpg

 こちらはコメツガだろうか?
近くの天辺でさえずるコマドリを見つけ、急いで坂道を上る。
やっと目線の高さで抜けて見えたのは、ダケカンバの若木の隙間からだった。

e0365355_19543152.jpg


 この日のコマドリは思いのほか長い時間、同じ梢でさえずってくれた。
しかも、僕を認識しているにもかかわらず、どうも他に警戒・注意が向いているようだった。
斜面の梢に降りては、そちらに顔を向ける。


e0365355_19543141.jpg


 樹林の中で盛んに鳴いていると思えば・・・。

e0365355_19561510.jpg



 やはり注意は僕の方ではなく、別の方向。
理由はいくつか考えられた。
そのひとつは、メスの存在だろう。
近くで営巣していて、メスが抱卵中なのだろう。

e0365355_19561466.jpg



 離れて観察していると、笹薮の中を動いていく。
そうして消えたあたりを遠目に探してみると!
エッ!?まさかそこの穴の中?

e0365355_19555908.jpg



 ピョンと跳びだしては、笹薮の中を移動して・・・。
まだ、頻繁に餌を運ぶわけではないから卵を温めている段階なのだろう。
この日はメスの姿を一羽も見つけられなかった。

e0365355_19561470.jpg



 あちこちで、コマドリの雄たちが心配そうに暗い樹林のなかを移動してはさえずっていた。
もう少しで雛が誕生するだろう。

e0365355_19561520.jpg






[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-06-22 12:00 | Comments(0)

天辺ルリビタキ

 標高を1500mからさらに上げて、高原の道を走る。
梅雨の晴れ間、吹く風は爽やかで木々の緑がまぶしいほどに輝く。
要所要所で車を停めては、広大な山裾を眺める。
亜高山帯の山肌を埋める緑に、いろいろな小鳥達がさえずる。
「♪ホーホケキョ・・・ケキョケキョケキョ」ウグイスは元気が良い。
「♪ジョリジョリジョリ♪」とメボソムシクイが、姿も見せずひっきりなしに鳴く。
遠くのカッコウの声は、谷筋にもよく響く。
シラビソやオオシラビソがあちこちに突き出て、今年はキレイな実を付けている。
いた!
ルリビタキがシラビソの天辺で「♪ルリビタキだよー・・・ルリビタキだよー♪」とさえずっている。
 ルリビタキ(瑠璃鶲  Red-flanked bluetail)

e0365355_18034309.jpg



 シラビソがキレイな実をたくさん付けてくれているのが、何よりうれしい。
ルリビタキの羽色に、この青紫の実がなんてよく似合うのだろうか!
もっと近ければとも思いながらも、できるだけたくさんの実を入れたいと矛盾した気持ちになるうれしさ。


e0365355_18034358.jpg



 ルリビタキは漂鳥。
夏は高山で、冬場は標高を下げて都市の公園などで見られるが、真冬の零下の標高1500mで出会ったときはビックリしたものだ。
夏も、標高1500~2000mくらいで営巣すると思っていたが、標高3032.9mの仙丈岳の下り2800mあたりで子育てしていたのにも驚かされた。

e0365355_18034228.jpg


 それにしても、シラビソの実に目を奪われる。
アァ、あの枝なら・・・こっちの枝も素敵だ・・・。
ルリビタキは、数個体があっちでこっちで鳴いてくれる。

e0365355_18034263.jpg



 ひとしきり天辺ルリビタキを撮って、路肩も歩いてみる。
ウグイスが鳴き、オオルリが梢でさえずり、谷からはコマドリの声。
日本三鳴鳥の鳴き比べだ!
樹林を動くものを追うと、ルリビタキの♀。
多分ダケカンバだろう。
樹皮のはがれ方がそれらしい。

e0365355_09494891.jpg



 一瞬で隠れた♀に変わって、護衛するように出てくれたのは♂のルリビタキ。
しっかりとこちらを確認された。

e0365355_18034227.jpg



 どうやら、彼らはここで営巣しているようだ。
しばらく観察していると、斜面の笹薮伝いに盛んに♂が採餌しては茂みの奥に消えていった。

e0365355_18034337.jpg




 





[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-06-18 20:05 | 野鳥 | Comments(0)

 ジュウイチに完敗状態だ。
コマドリの住む山やオオルリ・コルリの住む谷筋・イヌワシの暮らす山地で、今年も声だけは確認しているのだが・・・撮れない。
 ジュウイチは「ジュウイッチ-・・・ジュウイッチー」と自らの名で鳴き、「ブッポウソー・・・仏法僧」と鳴くと思われていたブッポウソウ、「ホーホケキョウ・・・法ー法華経」と無くウグイスとともに「日本三霊鳥」。
昔の人は、ジュウイチーという鳴き声を、「ジヒシン・・・慈悲心」と聞き、「神山に住む霊鳥で、自らの名を呼ぶ」とあがめたそうだ。
 ジュウイチ(十一・慈悲心鳥   Hodgson's hawk-cuckoo)

e0365355_22360125.jpg
 

 ジュウイチにこだわっているわけでも無いが、オオルリ・コルリ・コマドリ・ルリビタキに托卵(たくらん)するということがひとつの理由にあげられるかもしれない。
托卵とは、他の鳥の巣に卵を産み付け、仮親に抱卵(ほうらん)や育雛(いくすう)をさせる習性のこと。
孵化(ふか)したジュウイチの雛(ひな)は、仮親の卵や雛を外に押し出し、巣を乗っ取ってしまう。
 残雪の山をバックに枯れ木の天辺の枝で、ジュウイチが盛んに鳴いていたのは三年前の画像。

e0365355_22360119.jpg

 動画にも撮って、その声を堪能した。
先日も確認したのは、コマドリの盛んに鳴く峠。
近くにはオオルリもコルリも、そしてルリビタキも営巣する場所だった。

e0365355_22360233.jpg
  
 コマドリに托卵ということも考えられるので、心配なところだ。
托卵といえば、慈悲心などとは無縁のずる賢く残酷な習性と人間の感覚で考えてしまうが、どうやらジュウイチはじめカッコウ類には抱卵し卵を温める恒温の体温がないようだ。
托卵もまた、渡りなどとともにまだまだ未解明なことのようだ。

e0365355_22360127.jpg



 シラビソだろうか?ウラジロモミだろうか?
その天辺に飛んできたジュウイチが、ひとしきり鳴いてくれた。
慌ててシャッターを切り動画で声を撮っていたら・・・突然に、足元の樹林からけたたましいくらいのもう一羽の声が飛び出した。
腰を抜かすという表現があるが、いきなりクマに出くわしたくらいにびっくりして二羽を写すどころでは無かった。
二年前の驚きは今もしっかり残っている。

e0365355_22380071.jpg

 天辺で鳴いていた個体は雄で、飛び出したのは托卵先を探していたメスだったのかもしれない。

e0365355_22360170.jpg


 二羽揃って飛び去ってしまった。
シャッターを切れ動画で声を録音できた喜びと、ビックリした余韻がしばらくおさまらず何が起きたのかとしばらく放心状態だった。

e0365355_22360112.jpg

 今年も数カ所で声は確認した。
ジュウイチは夜中にもよく鳴いている。
「ジュウイッチー・・・ジュウイッチー・・・ジュビビビー」、そんな声がイヌワシの住む谷筋の宿でも聞かれた。
居るんだけれどもね~!
残りの期間に・・・アァ、幸運が落ちていないかなぁ~~!

e0365355_22380088.jpg



[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-06-16 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

 オオコノハズクやコノハズクも意識して山道を探して歩くが、その声を聞いても写真にするのはなかなかに困難だ。
夜の林道を流してみても、ヨタカやコノハズクは聞こえるのだが・・・・。
「ブッキョコー」「ブッポーソー」と鳴くコノハズクは、韓流ドラマにも背景に聞こえたりもして聞き分けやすいが、オオコノハズクはなかなか判断が難しいように思う。
(オオコノハズク♀の鳴き声は最後の動画で)
そんなオオコノハズクが、今年も無事に巣立ち一週間近くたったので公開する。
撮影は三週間ほど前。
ずっとうろの中で眠っていたオオコノハズクが顔を出してくれた。
 オオコノハズク(大木葉木菟 Collared Scops Owl) 


e0365355_21040893.jpg

 無事に雛が育っていた。


e0365355_21004314.jpg

e0365355_21004432.jpg

e0365355_21004323.jpg

 カメラマンが、巣の下を歩いたので睨んだ。位置を変えて数カットを撮って別のポイントに移動した。


e0365355_21004389.jpg

e0365355_21054919.jpg

e0365355_21054836.jpg

e0365355_21054767.jpg

e0365355_21054849.jpg

 2009年冬、東京の都心で出会ったオオコノハズク。
いろいろカメラマンからの受難を受けたそうだった。

e0365355_21054899.jpg
 
 オオコノハズクのメスの鳴き声はこちらで。
「ミャーミャー」と聞こえるのが、オオコノハズクメスの声です。

                   



[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-06-12 21:42 | 野鳥 | Comments(0)

アカシジミ 

 野鳥でも蝶類でも先輩である方が、前日に三頭発生していたというポイントに、早朝行ってみた。
「06時では早すぎるだろう。日が昇って気温がある程度上がらないとでてこないかも・・・。」
そう思いながら車を降り周辺の木々を眺めると、赤味を帯びたオレンジ色が眼に入った。
ニセアカシアの葉にいたのは、シジミチョウ科ミドリシジミ亜科のアカシジミだ!
 アカシジミ(赤小灰蝶 Japonica lutea)

e0365355_21170865.jpg


 地上三メートルほどの高さの梢の先だったがバックに朝の青空がボケに入り、もう少しで日射しが射すというイイ感じの場所だった。
しばらく眺めていると、ヒラヒラと目の前の下草に降りてくれた。
こんなチャンスはそう有るものではないと、さんざんシャッターを切った。

e0365355_21170913.jpg

 他の種のシジミチョウもいないかとさらに車を走らせ、一昨年エゾミドリシジミやジョウザンミドリシジミを見たポイントに行くとまたもアカシジミが!
さらに、同じ時の夕刻にアカシジミの集団卍飛翔を見たポイントに移動すると、ここでもニセアカシアの葉のなかに一頭を発見した。
どれもスレや欠損のない綺麗な個体だった。
ほんの20mほどを歩けば、またもアカシジミが路肩に落ちている。

e0365355_21170999.jpg

 吸水を終えたのだろうか?とことこと歩いている。
目の前には昨年も摘まんだ桑の実が!
これは乗ってもらいたいものだと指を差し出せば、よちよちと僕の指先に!
桑の葉先に付けると・・・乗ってくれた!
野鳥でヤラセはしないけれど・・・イイかなぁ???

e0365355_21170947.jpg

 レンズを105mmマクロに換えて、フルサイズで接写だ。
向こう側はガケだけれど、ここはガードレールがあるから安心。
他の大型チョウやタテハチョウ科などは、少し目の感じが恐めだがシジミチョウは眼が可愛い。
顔つきも愛くるしい。
眼から翅・尾状突起までピントが来るように、真横になってくれるのを待った。

e0365355_21170966.jpg

 スイカズラ(吸葛・忍冬)が、甘い香りを放っている。
何とかバックにと狙っていたら、アカシジミが葉裏に廻ってくれた!
 
e0365355_21171065.jpg
 
 7・8メートルほど離れた場所では、ヒメウツギの花が満開に。
タニウツギのピンクも綺麗だが、アカシジミにはこちらの方がよく似合う。

e0365355_21180026.jpg

 この花での吸蜜は、見ていた限りでは、していなかった。
たまたま発生し羽化したミズナラやコナラの木のそばにあったから、飛んできただけなのかもしれない。

e0365355_21175993.jpg

 ふたたび最初の場所に戻ると、そこにもここにもアカシジミが葉先に上っている。
十数頭が一斉に羽化して、一斉に下草に上ってきたということなのか!
羽化直後に上翅の一部を欠損した個体もいたが、みな新鮮で美しい。

e0365355_21175990.jpg
 
 そこに発生した全ての個体をレンズに収めた、と言っても過言ではないくらいに撮りまくった。
二時間近く撮りまくったころ、アカシジミは一頭二頭と梢に飛んでいった。

e0365355_21180040.jpg

 青森県だったか・・・アカシジミが数千から万の単位で大発生したという記事を読んだことがある。
その場に出会った感動に比べればなんということはないが、僕には感動の光景・感動の体験だった。
後日談がある。
その日、夕方に出向いた知人は一頭も会えず、翌朝はやっと一頭出会っただけだとか。
沢筋に移動したのだろうか?何故なのか、僕にはよくわからない。


e0365355_21180062.jpg


[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-06-08 22:13 | | Comments(0)

トラフズク

 今ではトラフズクは、それなりにあちこちで見ることのできるフクロウ目フクロウ科トラフズク属の野鳥。
トラフズクは留鳥で、寒冷地に分布する個体は冬季に南下する。
めて見たのは、その生態も鳴き声も知らなかった10数年前の冬のことで、川沿いの小さな公園の枝被りの中だった。
例年、5月連休明けあたりが巣立ちの時期だったが、今年は4月中旬には巣立っていた。
あれからもう一ヶ月がたったので、公開しても良いだろう。
とはいっても、枝被りの中にいていい絵にはできなかった。
 トラフズク 巣立ち雛 (虎斑木菟 Long-eared Owl)

e0365355_17465936.jpg

 メスのみが抱卵するというから、たぶんおかぁさんなのだろう。
一瞬だけパッチリと目を開いてくれた。
近くをカメラマンが通ったからだけれど。
 トラフズク 親鳥 (虎斑木菟 Long-eared Owl)

e0365355_17465937.jpg

 過去画像の大半は外付けHDに保存しているが、一部だけ本体に残っていた。
これは、2011年の5月のもの。
高いスギの枝に作られた巣の中に最後の一羽がいた。

e0365355_17465917.jpg


 三年前の画像には四羽の雛がいた。
営巣木から離れて覗くと、四羽の雛がまもなく巣立つところだった。

e0365355_17465918.jpg

 ダルマさんのように鎮座した、真っ黒顔にオレンジ気味な虹彩。
兄弟姉妹が巣立って最後に残ったこの子は、巣から枝を伝って離れたかと思えばまた戻って・・・。
 
e0365355_17470096.jpg

 翌日には無事に巣を離れたそうだった。

e0365355_17470099.jpg

 トラフズクは、「となりのトトロ」のモデルと言われている。
初期設定での名前は「ミミンズク」。
名前は眠いよという「ドゥオ、ドゥオ、ヴォロー」という叫び声を、メイが名前だと勘違いしたからとなっているようだ。
「所沢のお化け」というのを宮崎監督の知り合いの女の子がうまく言えず、「ととろざわ」と言ったことがきっかけになったともあった。

e0365355_17470094.jpg

 あまり良い条件では見られなかったが、今年も出会えただけで十分うれしいことだった。

e0365355_17470003.jpg



[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-06-03 20:17 | 野鳥 | Comments(0)