地上に降りたベニヒワ

 今期は房総のイスカに始まりレンジャクからベニヒワと、大量飛来してくれてずいぶん楽しませてもらった。
ベニヒワにいたっては、カラマツの天辺なら撮らなくていいやなどと、罰当たりなことも一瞬考えるほど。
その罰当たりのせいか、期待した地上に降りて採餌という場面はイイものが撮れなかった。
最後の出会いは三月半ば過ぎの、百数十のベニヒワの群れ!
カラマツを渡って来て、一部が白樺の木に降りた。
 ベニヒワ(紅鶸 Common redpoll)

e0365355_20562531.jpg

 胸までイチゴシロップ色の二羽の雄と雌に若だろうか?
雪の融けた地面に落ちている種子を食べに来たのだ。

e0365355_20562597.jpg


 雪の中で冷凍保存されたカラマツの種子を、一生懸命に探してはついばむ。

e0365355_20562541.jpg

 草の斜面にも器用にとまって落ち穂拾い。


e0365355_20573397.jpg


 雪の重みと吹雪で落ちた小枝なのだろう。

e0365355_20573375.jpg


 そこについた実からも、ほじって食べていた。

e0365355_20573349.jpg


 せわしないのは樹上も地上も同じこと。
まるで鶏並みについばむ、歩く、ついばむ!

e0365355_20582835.jpg


 雪面をよく見れば、無数のカラマツの種子。
まぁ、ここでは悪さをするカメラマンはいないからチョコマカと忙しいが、長い時間食べてくれた。  

e0365355_20582845.jpg


 タップリ食べると、近くの白樺やトウヒなどで一休み。
それをチャンスと、イイ構図で・・・などと狙うのだが・・・なかなか・・・・。
 
e0365355_20582774.jpg


 生け垣に降りることもあった。
カラマツの種子が、そこにもたくさん落ちているのだ。
緑がはいるとやはり、春めいた感じになる。

e0365355_20573475.jpg


 ホッピングしては場所を変え、手こずらせてくれる。

e0365355_20582725.jpg


 その上、この画像はレンズの最短撮影距離ギリギリ。
マニュアルでの限界の近さ。
最後の最後に雌雄ペアで並んでくれた。
 カラマツは10年に一度しか結実しない。
したがって、ココでの来年はないということだろう。
たいした絵を撮ってはあげられなかったけれど、色々と勉強をさせてもらった。

e0365355_20562565.jpg



[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-03-31 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

 遠くのカラマツに、ヒワの群れがやって来た。
双眼鏡を覗くとベニヒワとマヒワの100ほどの群れだ。
カラマツの木から木へと渡って、近づいてきた。
ベニヒワが、30~40ほど混ざった混群。
 ドイツトウヒではただ今、イスカが食事中。
カラマツとトウヒを交互に見やっていると、10数羽がトウヒに移ってきた。
13.5cmのベニヒワと12.5cmのマヒワは小さく、葉隠れしてしまう。
白っぽい二羽が天辺付近に出て来た。
 ベニヒワ(紅鶸 Common redpoll)

e0365355_00291878.jpg

 ウ~ン、残念ながらベニヒワの雌タイプだ。
ベニヒワもトウヒを食べるんだなと確認して、雄がいないか探したが表には出て来ていなかった。

e0365355_00291855.jpg

 そのかわりに楽しませてくれたのはマヒワ。
樹幹の中の方で動いていると思ったら、表に出て来てくれた。
 マヒワ (真鶸  Eurasian siskin)

e0365355_00291711.jpg

 日当たりの良いところにも!

e0365355_00413713.jpg

 うれしいことはさらに続き、なんとイスカが採餌している房に来てくれた!
茶色いドイツトウヒのマツボックリに同系色のイスカ、そこにキレイなレモンイエローのマヒワ!
ウーン、イイ案配だ!とうれしさがさらにこみ上げる。


e0365355_00291729.jpg

 イスカは追い立てるのかと思ったらそうでも無く、マヒワはしっかりと種を咥えて食べている。

e0365355_00291880.jpg

 しばらく食べると飛び立った。

e0365355_00443669.jpg

 近くにはまだ他のマヒワがいる。

e0365355_00443634.jpg

 イスカの下側の房でたべ、また飛び立ち・・・。

e0365355_00443682.jpg

 しばらく食べては、カラマツの群れに帰って行った。
同じアトリ科の鳥だからだろうか、ベニヒワやマヒワとイスカは仲が良いというか、こうした場面を良く見せてくれた。

e0365355_00443522.jpg



[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-03-30 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

 ドイツの「黒い森」と呼ばれるシュヴァルツヴァルト・シベリアからアラスカに広がるタイガ=針葉樹林帯。
昨年渡って来たイスカ達は、まもなくそんな風景の中に帰って行く。
その森を構成する樹木は、カラマツ、トウヒ、マツやモミ。
この冬は初めてドイツトウヒで、出会うことができた。
彼らは、こんな風景で夏を過ごすのだろうか? 
 イスカ(交喙 Common Crossbill)

e0365355_20231555.jpg

 ドイツトウヒの葉の寿命は長く、それは夏の日照時間が短いことに対する適応からだそう。
球果は世界のトウヒ属の中でもっとも大きく、長さ10~20cm、径3~4cmで、ヨーロッパの柱時計の錘のモデル。
イスカは体長が16.5cmもあるのに、カラマツについたイスカは大きく見えドイツトウヒでは小さく見える。
 
e0365355_20231635.jpg

 イスカがやってくる時は、いくつかのパターンが有る。
単独できて天辺に止まって、地鳴きしては仲間を探す。
雌雄か家族?で近くのカラマツにきて食事をし、休憩に樹幹にはいる。
10数羽で、ジュンジュンと鳴きながらカラマツにきてから、一羽が天辺に止まり次々に中に隠れる。
あるいは、遠くで声が聞こえたと思いしばらくすると、鳴かずにスッと入って隠れてしまう。
 その時によってはまったく見つけられぬまま、さよならというときもあった。

e0365355_20291496.jpg

 集団で来たときに探すのは比較的楽だが、そうは言っても球果の裏や球果の向こうだとなかなか見つけられない。
上の写真には雌が一羽とオスが二羽、下はわかりやすく雄が二羽。

e0365355_20231691.jpg


 ドイツトウヒは現在確認されている樹木の中で最高の、約9,550年の樹齢(根での樹齢)のものがあるそうだ。
日本には明治中期に導入され、宮沢賢治が在学した盛岡高等農林学校にも本館周辺に植えられていたそうだ。

e0365355_20231603.jpg

 『わがうるはしき  ドイツたうひよ  (かゞやきの  そらに鳴る風なれにもきたれ) 』
牧師の聖書講読に通い、娘さんからオルガンを習った宮沢賢治、その恋情を歌ったという説も。

e0365355_20291443.jpg


 そんなことを思えば浮かぶ歌。
 『不来方のお城の草に寝ころびて  空に吸はれし   十五のこころ 』 啄木の処女歌集『一握の砂』(東雲堂書店 1910年版)
不来方城=現盛岡城址公園にも、ドイツトウヒがあったように記憶している。

e0365355_20291495.jpg

 ヨーロッパでは、イギリスの五月祭に五月柱(Maypole)、ドイツでは五月樹マイバウム( Maibaum)として聖木に使われるドイツトウヒ。
そんなドイツトウヒに寄り添うイスカが、キリストを助けようとした伝説に結びついたのかもしれない。
 高原の残雪の農耕地からそよぐ風は心地よく、除雪され小山になった硬い雪をイス代わりにして飛来を待つ間、思いはあちらこちらに飛ぶ。
まったく声も無く飛来した一〇数羽が、枝にでてきた。 
 
e0365355_20291519.jpg

 雌がでてきてくれた。

e0365355_20291570.jpg

 北側から暗い樹幹部の枝に移り・・・。

e0365355_20341168.jpg

 雄のいる明るい房で採餌を始めた。
ペアなのだろうか。
しばらく一緒に食べていた。
はじめの頃はそれほど無かった食痕が、だいぶ目立ってきた。

e0365355_20341262.jpg




[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-03-28 23:24 | 野鳥 | Comments(0)

 ドイツトウヒは、宮沢賢治の詩の中にも出てくると教えてもらった。
『春と修羅』の中の「丘陵地を過ぎる」という詩だと、『賢治鳥類学 新曜社』を書かれたイーハトーブ・ガーデンのnenemu8921さん。
青森下北地方ではイスカが営巣・繁殖したと、最近の研究で明らかにされている。
磔になったキリストの打たれた釘を抜こうとして嘴が曲がってしまったイスカを、宮沢賢治は知っていただろうか?
知っていたとしたら、どんな物語が紡がれたか?
そんなことを考えるのも、また楽しい。
 ドイツトウヒのイスカを、この冬観察してきた。
カラマツの天辺に雌雄のイスカが止まって、求愛給餌のような仕草を見せてくれたこともあった。
 イスカ(交喙 Common Crossbill)

e0365355_21222720.jpg


 いろいろなことを考え合わせると、どうやら営巣などとはまったく関係の無い採餌ポイントの一つにすぎないようだった。
それも、一日に一度二度・・・。
 イスカ ♀(交喙 Common Crossbill)

e0365355_21222748.jpg


 その上、ドイツトウヒの結実は4年に一度だと森林技術協会の方に教えていただいた。
いろいろな鳥が訪れ食べていけば、来年はないということか。

                       
e0365355_21222800.jpg

 陽のあたった側に出てきてくれると、イスカ雌のオリーブ気味の黄色はよく目立つ。


e0365355_21235308.jpg


 嘴を差し込み、舌をうまく使って中の種子を取り出す。

e0365355_21235353.jpg


 イスカ♂が実につくと、日陰側や房の中では保護色のようになって見落としてしまうほど。
 イスカ ♂(交喙 Common Crossbill)

e0365355_21222810.jpg


 嘴を差し込んで開くと、松毬も開かれる。

e0365355_21222860.jpg

 舌を使って引っ張り出して・・・。
高い梢・カーテンのように囲ってくれるトウヒの枝。
時として、イスカは一時間近く採餌してくれたこともあった。

e0365355_21235400.jpg


 いろいろな姿勢でジックリと採餌を見せてもらった。

e0365355_21235420.jpg

 三月、湾岸でももう桜が満開に近づいた。
ドイツトウヒのイスカ画像も、ひとまとめにして見直す時期になったようだ。

e0365355_21263419.jpg





[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-03-26 23:08 | 野鳥 | Comments(0)

 リュウノヒゲの瑠璃色の実を探す時の、真剣な表情と見つけたときのうれしそうな表情。
生きるために一生懸命だから、一生懸命さ故のおかしさも感じられる。
まぁ、半分以上そうさせているのは、僕らカメラマンも影響しているのだけれど・・・。
  ヒレンジャク(緋連雀 Japanese Waxwing)

e0365355_22382073.jpg


 リュウノヒゲの実と書くけれども、本来の果実になる部分は早い段階ではがれ落ち種子がむき出しで色づいている
のだそうだ。
この種子のむき出しの青い種と、青い部分をはぎ取った種子を両方播き比べたところ、剥いて播いたものの方が発芽の確率が数倍高かったと「埼玉県農林部 花と緑の振興センター」の報告にあった。
この実=種子を食べるレンジャクやシロハラなどが、種子散布に多大な役割をしているのかもしれない。

                  
e0365355_22350319.jpg

 大概はその場でバクバクと2~3粒食べては飛び立つが、時に咥えたまま飛び立って近くの木の中段の枝でゆっくり飲み込むなんてこともある。
咥えながら飛んでいるところを、と狙うがなかなか・・・。

e0365355_22350293.jpg


 狙いを定めて飛びつく瞬間は、割と撮れるんだけれども。 

e0365355_22350215.jpg

 リュウノヒゲの名前の由来は、能面の翁の髭からきているそうだ。
能楽の白髪の老人を「尉 じょう」といい、頭部の灰白色の尉鶲=ジョウビタキの名の由来になっているが、その葉が髭のような所から尉の髭。
転じてジャノヒゲとかリュウノヒゲとなったそうだ。
僕の子供の頃、東京の下町では「ジジヒゲ」とも呼んでいた。 

e0365355_22350280.jpg

 いろいろな態勢から狙いを定めて飛び降りる。
逆光は残念だが、動かずにいればレンジャクも同じ場所で何度も繰り返してくれる。
撮影していても楽しい。
 
e0365355_22350320.jpg

e0365355_22371120.jpg

 時に、二羽三羽がすぐ側で並ぶときがある。
そんな時は片方が実を見つけると、誇らしげな顔とちょっと羨ましげな顔が並ぶようで微笑ましい。

e0365355_22371035.jpg

 単独で飛ぶ。
シンクロして飛び立つ。

e0365355_22371126.jpg

e0365355_22371110.jpg

 少し離れた実を見つける。

e0365355_22371152.jpg
  
 今期はホザキヤドリギ・ナナカマド・ノイバラ・ヤドリギ・ヤブランにリュウノヒゲと楽しませてくれたレンジャクも、もう繁殖地に帰るころ。
近年は、一年おきに房総まで相当数が飛来する隔年傾向がなくなって、3/4年周期になってしまった感がある。
今度はいつ会えるだろうか?
春の日射しの中で、また来年ね!と挨拶して帰路についた。


e0365355_22382063.jpg


[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-03-23 18:40 | 野鳥 | Comments(0)

 3月、桜が咲く頃になると、冬鳥たちは夏の繁殖地に帰って行く季節。
都市公園ではその途上のヒレンジャクが、ヤブランの黒い実やリュウノヒゲのラピスラズリのような瑠璃色の実を食べている。
初めて見たときは、まるでリュウノヒゲの緑の葉の海を泳ぐかのように、探し羽ばたく姿に感動したものだ。
 ヒレンジャク(緋連雀 Japanese Waxwing)


e0365355_21353359.jpg

 様子見の先見役が降りると、他の個体も一斉に降り出す。

e0365355_21353393.jpg


 ドドッと降りてパクパクと2~3粒食べると、ドッと一斉に引き上げる。
そしてまたしばらくすると、一羽が降り・・・。 

e0365355_21353351.jpg


  あちらこちらに降り立っては、実を探す。

e0365355_21353486.jpg


 細い小枝に掴まって、リュウノヒゲの実を探す姿は何ともユーモラスだ。
背伸びしてみる・体をひねって探す・・・何とも微笑ましい。

e0365355_21353365.jpg


e0365355_21381734.jpg


e0365355_21381603.jpg

e0365355_21381645.jpg

e0365355_21381727.jpg

e0365355_21381736.jpg

e0365355_22011551.jpg
 

[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-03-22 22:25 | 野鳥 | Comments(0)

早春の高原の野鳥たち

 3月弥生も半ばになり、目を見張るほどに山の雪も融けだした。
まだ残っている畑の雪の上を歩いていたのは、ヒバリ。
急いで500mmを手持ちで撮っていると、少しだけピュルピュルとさえずり始めた。
動画でその声を撮っておきたいが、ドアを開け閉めすれば逃げ去ってしまうだろう。
 ヒバリ (雲雀  Eurasian skylark )

e0365355_19412974.jpg

 ほんの一月前には、雪に埋もれた林縁の斜面でベニマシコが脚を取られながら草の実を食べていたのに。
ベニマシコ (紅猿子 Long-tailed rosefinch)

e0365355_19414099.jpg

 ジョウビタキの雌は、除雪された(といっても地面は出てはいない)路肩の雪山で何を探しているのか?
風に乗って運ばれる、木の実の種子を探していたのだろうか?
ジョウビタキ (尉鶲 Daurian redstart)

e0365355_19414137.jpg
 留鳥または漂鳥のホオジロも、路肩の雪の中から顔を出していた。
千葉県の鳥=ホオジロは、房総では桜や菜の花・レンゲのそばで暮らしているというのに。
 ホオジロ(頬白 Meadow bunting) 

e0365355_19414125.jpg
            
 ツグミは、盛んにキハダの実を食べていた。
ある所では20羽近くが群れになって、キハダにしがみついていた。
秋の渡りの頃は、マミチャジナイやアカハラがさんざん食べまくっていた木だ。
 ツグミ(鶇 Dusky thrush )  

e0365355_19414023.jpg


 うれしかったのは、アオゲラ。
アオゲラはいろいろな木の実も食べる。
柿の実やマユミの実・桜の実・ヌルデやハゼの実・ミズキの実。
キハダもしっかり食べるんだ!
アオゲラ(緑啄木鳥  Japanese Green Woodpecker)

e0365355_19451086.jpg

 雪雲が去って日射しが地面の一部をあらわにすると、フィーフィーと鳴きながらウソもやって来た。
 ウソ(鷽 Eurasian Bullfinch)

e0365355_19451051.jpg

 一羽、アカウソが一緒だった。
アカウソの同定は、尾羽の白い羽軸で判断した。
アカウソを英名ではなんというのか解らないので、Bullfinchだけに。
 アカウソ(鷽 Bullfinch)

e0365355_19451080.jpg



e0365355_19450978.jpg


 マヒワは積もった雪の落ちたカラマツの枝で、大事そうに丁寧に実をほじっていた。
マヒワ (真鶸  Eurasian siskin)

e0365355_19414042.jpg

 だんだん日射しが暖かくなった最近は、林縁の枯れ草廻りにもよく降りだした。

e0365355_19492789.jpg

 待宵草の種を食べに来た。
雪と緑の笹の葉がボケに入って、なんとなく春めいた感じ。
ホントウは、ここにベニヒワを期待したんだけれどね!

e0365355_19492790.jpg



[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-03-19 20:25 | 野鳥 | Comments(0)

 街を歩けば、家々の庭に春の花。
ムスカリにクロッカス、サクラソウに水仙と咲き乱れ、ソメイヨシノがつぼみを膨らませてもうすぐ開花しそうだ。
高原の雪も一気に融けだし、そこここに土が顔を出してきた。
今までは雪に覆われ、野鳥たちの採餌は限られた樹木の実だったものが、雪中保存された種子や新芽・動き出した昆虫類など多様になる。
それによって移動したり、バラケたり。
食痕のあった場所をまわっては待ち、次のポイントに移り。
十数羽が飛び立った後を追えば、アトリ。
ウン・・?その奥に数羽が!・・・そして鳴き声に包まれた。
マヒワとベニヒワがいた。
 ベニヒワ(紅鶸 Common redpoll)

e0365355_13002991.jpg

 相変わらずのカラマツの天辺。
動き回って、下を向いてはカラマツの実を盛んに食べる。
イチゴシロップのキレイな雄だけ探すが、カラマツは手強い。
見つける度にシャッターを切るが・・・冷静に考えなくともボツ画像にトリミング前提写真だ。
そんななかから、食べては次の実を探し・飛び・移り・飛びつき・食べるを連続のように・・・。

e0365355_13002981.jpg

e0365355_13002910.jpg

e0365355_13024342.jpg

e0365355_13024459.jpg

e0365355_13024501.jpg

e0365355_13024431.jpg

e0365355_13003096.jpg

 ベニヒワのイチゴシロップはホントウにキレイだが、その正面顔はウ~~ンちょっと人相悪くない?

e0365355_13002939.jpg

つぶらな瞳?というか眼は小さくて可愛らしいのだけれど・・・・。

e0365355_13024537.jpg

 二股かけたこんな姿も、なんとなくユーモラス。

e0365355_13125563.jpg

 やっぱり、食べているときは幸せな顔に見えるな。

e0365355_13125523.jpg


[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-03-17 18:00 | 野鳥 | Comments(0)

 霧氷の朝の狙いはハギマシコ。
オオマシコやイスカ・ベニマシコは撮っていても、ハギマシコの機会があまりなかった。
日の出から探し廻るが、姿が見えない。
移動してしまったかと、不安になりながらあっちをうろうろこっちをうろうろ。
時間ばかりが刻々と過ぎ、陽が昇り霧氷も少しずつ溶け出す。
08時前になって、やっと群れに出会えた。
 ハギマシコ(萩猿子 Asian Rosy finch)

e0365355_20295572.jpg

 相変わらず、キハダの実に群がっている。
そんなに美味しいのかと、キレイそうな実をかじってみるとサクッと砕けて薬臭い香りが広がった。
これが美味しいのかと思いながら、食べまくるハギマシコがイイ位置についてくれるのを探し待つ。

e0365355_20295538.jpg

 なかなかイイ配置になどついてはくれないから、枝と枝の間を飛び渡ったり飛び立つ場面を狙う。

e0365355_20295511.jpg

 先端に一羽が来て、実を咥えてくれた。
実はまだ霧氷がついたままだ。

e0365355_20295540.jpg

 羽ばたいて枝に移ってくれると、胸から腹にかけてのウスムラサキ色が綺麗だ。

e0365355_20295403.jpg

 下画像の実にいる個体は、「平凡社 日本の野鳥590 真木広造」に書かれている「亜種ハギマシコとは別亜種の♂成鳥夏羽」の写真に似た感じだが・・・光の加減だろうな。
 
e0365355_20312390.jpg

 気温はマイナスから零度と上がってきているが、ハギマシコは空気でふくらみ保温しているようでポッコリしている。

e0365355_20312467.jpg

 飛んで移っては食べ、また飛び移る。
朝の斜光は東に薄雲もあって優しい光。

e0365355_20312396.jpg

 タップリと実のついた房でついばんでは揺れて、オットット。

e0365355_20312421.jpg

 枝から枝に飛び移り・・・。

e0365355_20315853.jpg

 飛び移り翼を全開してくれた。

e0365355_20315817.jpg

 もう何年たつだろうか? 
房総の岸壁やヤシャブシの根元で、春のフキノトウとや若草とからめて撮りたいなどと遊んだのは・・・。
上の枝に♂、飛んできたのが♀だろうか。

e0365355_20315818.jpg

 早い時間に来てくれれば、もっとしっかり霧氷がついていたのに・・・それが残念だが、霧氷の枝に来てくれただけ御の字。
腕は置いておいて、そこそこの飛び姿を撮れてうれしかった。

e0365355_20312487.jpg


[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-03-15 21:31 | 野鳥 | Comments(0)

霧氷の朝

 氷点下の気温で木が霧や雲に包まれると、風上側の枝に氷が付着し成長する。
標高が高いと常に氷に覆われた樹氷に、それ以下の標高の山では繊細な霧氷になる。
 暖かい日射しの日が続いた後の寒気が戻った翌、早朝。
町には霜が降り、高原に向かうと・・・オォ~~~!山は真っ白な霧氷だ。
除雪され凍る路面に注意を向けながらも、その美しさに感激する。

e0365355_18300686.jpg

普段はうるさくも感じるカラマツも、繊細な霧氷に包まれ、氷点下の冷え込みで霧氷が成長すればホワイトツリー。

e0365355_18300645.jpg
 三月、ソメイヨシノもまもなく開花するというのに、相変わらず高原に行く。
当たり年に、撮れるだけ雪がらみで撮っておきたい。
そう思って、早朝から山道を走らせては鳥影を探す。

e0365355_18300727.jpg
見事なほどたわわに実ったかのような霧氷。
陽は昇っても、マイナスの気温ではなかなか融けはしない。
まだ、西の空に月が残っている。
真っ白な霧氷と、青空に浮かぶ白い月!
これを撮らないでは、いられない。
そうは言っても、絶好のロケーションを探し廻る余裕はないから・・・民家の屋根を入れて!

e0365355_18300638.jpg
 
 東の空の太陽を、樹幹近くに入れて光芒をと狙いたいが・・・良い場所がない。

e0365355_18300680.jpg
氷点下のよく晴れた日は、太陽光でより白く輝く霧氷。
枝を広げた落葉樹の霧氷は華やかだ。

e0365355_18360892.jpg

霧氷の森の針葉樹と広葉樹の境。
この谷間もなんて綺麗なんだろう。

e0365355_18360872.jpg
 トンガリの霧氷。
所々に島が浮かぶ。

e0365355_18360841.jpg

山肌はさながら、白い波の押し寄せる霧氷の海だ。

e0365355_18360869.jpg

[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-03-14 06:00 | 風景 | Comments(0)