湾岸の公園は、かつて反公害運動の高まりの中で首都高湾岸線から東関道を伸ばす際に緩衝緑地帯として作られた。
そこには、マテバシイなどの公害に強い常緑樹が植樹された。
今年も、そのマテバシイを幼虫が「食樹」とするムラサキツバメが気温が上がると舞っている。
 誰が植えたのか、最近人気の皇帝ダリア=木立ダリアが一輪の花をつけていた。
 皇帝ダリア・キダチダリア(木立ダリア)

e0365355_22255807.jpg


 ムラサキツバメは、ウラギンシジミやムラサキシジミとともに、ここで集団越冬している。
今年も数カ所で集団ねぐらができている。
が・・・、残念なことはいたるところ過剰に剪定・刈り込みされてチョウの卵や幼虫も排除され、野鳥が逃げ込む隙間もドンドン無くなってしまっていることだ。
 アオキに集団ねぐらができていた。
 ムラサキツバメ(紫燕)の集団ねぐら

e0365355_22264391.jpg


 ムラサキツバメの集団ねぐらに、一頭だけムラサキシジミが一緒に居た。
ムラサキシジミには尾状突起が無いから、すぐに区別がつく。
このアオキも、剪定されすぎてみすぼらしいこぢんまりとした株になってしまったが、気温が上がって集団ねぐらからムラサキシジミが降りてきて羽を広げてくれた。
 ムラサキシジミ ♂(紫小灰蝶 Japanese oakblue)

e0365355_22301156.jpg

 光が差し込むと青紫が輝きを増し美しい。
近くにはこれも切り詰められたサザンカの垣があり、花盛りなのだがなかなかうまく花とからんでくれない。
無理矢理、横から花をいれて撮った。
 ムラサキシジミ ♀(紫小灰蝶 Japanese oakblue)

e0365355_22301101.jpg


 ムラサキシジミも、光が差し込む一時間ほどの短い時間に羽を広げ椿やサザンカ・アオキなどで葉の表面のミネラルなどを補給するのだろうか?
 ムラサキシジミ ♀(紫小灰蝶 Japanese oakblue)

e0365355_22301222.jpg

e0365355_22301216.jpg

e0365355_22301205.jpg

 ムラサキツバメの♂がねぐらから降りて、リュウノヒゲの葉の上で開翅してくれた。
 ムラサキツバメ ♂(紫燕)

e0365355_22264302.jpg


 ムラサキシジミもムラサキツバメも、緩衝緑地帯の谷津干潟~テニスコート・秋津サッカー場・野球場から香澄~幕張と続く一帯に暮らしている。
一帯はすべて埋め立て地。
ムラサキツバメやムラサキシジミは、そこに植樹されたマテバシイによって運ばれここに来たのだろう。
ムラサキツバメは1990年代までは本州(近畿地方以西)、四国、九州に分布していると考えられていたのだから。
マテバシイの葉でムラサキツバメが羽を広げていた。
 ムラサキツバメ ♀(紫燕)

e0365355_22345891.jpg

 純白のサザンカに、ムラサキツバメがきて吸蜜してくれた。
こうしたときは羽を広げてはくれないのが残念だが、あちらこちらと舞っては移動して様々な花で撮らせてくれた。
しかし、翅裏だけでは雌雄の判定が僕には難しいのが難点。
 ムラサキツバメ (紫燕)

e0365355_22345804.jpg

 ムラサキシジミもムラサキツバメも、アリに守られる代わりにアリに分泌物を提供するという共生をおこなうことが知られている。
ただ最近の研究では、単なる共生ではなくムラサキシジミやムラサキツバメの幼虫の出す分泌物のなかにアリを従属させるような物質があり一方的に従属させているといった事も明らかになってきている。
 公園を散歩するときに、カメラを持っていくと・・・どうしても目が行ってしまい・・・これでは運動量が少なくなってしまうのが問題だ!
 ムラサキツバメ (紫燕)

e0365355_22345840.jpg


[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-12-03 06:00 | Comments(0)

キマダラルリツバメ

 日本には約七十種ほどのシジミチョウがいるそうだが、その中で僕が一番美しいと思うのはキマダラルリツバメだ。
今年も鳥友と日程を合わせて、奥会津に会いに行ってきた。
早めに「雪国茶屋」に到着して、チョウセンアカシジミを撮り信州の鳥友と合流。
「雪国茶屋」御主人で蝶類研究50年という角田さんが、昨年僕らがインタビューされたローカル放送の番組を録画していてくれてみんなで見せてもらった。
15時を過ぎて登場するキマダラルリツバメに出会うべく、桐畑のフィールドに向かい探すと10頭近くの美麗な個体に出会えた。
上から三枚は裏翅の模様から別々の個体だと解るだろう。
 キマダラルリツバメ (黄斑瑠璃燕 The Japanese Silverlines)


e0365355_22023206.jpg


e0365355_23183042.jpg


e0365355_22050739.jpg

 環境省レッドリスト2007年版では「準絶滅危惧種」。
キマダラルリツバメは、表翅の明るい瑠璃色と肛角部の橙斑も裏翅の斑紋に橙斑も両方が衆人を引きつける美しさだと思う。
そして、日本のシジミチョウの中で唯一キマダラルリツバメのみが2対4本の尾状突起を持っている。
この点も英名に「Japanese 」と付けた、一因では無いだろうか。
 
e0365355_22023369.jpg

 下側から覗けば、まるで優雅に飛んでいるような感じだが、キマダラルリツバメの飛翔は速くヒラヒラと舞うなどというものではなくヒュンといってしまう。

e0365355_22023273.jpg

 しかも、じっと止まって美しい表翅を見せてくれていたかと思えば、他の♂が現れるやテリトリー占有活動で追い払うために二頭が舞う卍飛翔が始まる。
まるで二頭がらせんを描くかのようにクルクルと舞い上がる。
動画でとればイイのだろうが、ピントが難しい。


e0365355_22023262.jpg


 キマダラルリツバメは、卵から孵化すると幼虫は自分で這って樹上にあるハリブトシリアゲアリの巣に入り、幼虫での越冬をへて蛹化まで育ててもらうという。
『ハリブトシリアゲアリの巣の中で暮らすキマダラルリツバメの幼虫は、アリから口移しによってエサをもらいますが、自らアリが集めたエサに齧りつくこともあります。
チョウは羽化するとアリから攻撃されるため大急ぎで巣から脱出しなければいけません。
そのとき、アリの注意を逸らすために羽の後ろには長い毛のようなものが生えています。
また、万が一体に攻撃されてもダメージを最小限に抑えるため、体にはたくさんの毛が生えているのです。 』 「 AntRoom」より


e0365355_23183156.jpg


 『ムラサキシジミ、イワカワシジミ、ヤマトシジミなどの幼虫は、植物を食べて生活をしていて、蜜でアリを呼ぶ事で他の外敵から身を守ってもらう程度で、それほどアリとの関係は深くはなく、集まってくるアリの種類も様々です。
しかし中にはクロシジミ、キマダラルリツバメ、ゴマシジミのように特定のアリの巣で生活をして、アリがいないと生きて行けないような種類もいます。』 「 AntRoom」より
 そんな鳥類での「托卵」のような、育ての親というものがいるチョウというのも驚きの生態だ。


e0365355_23183166.jpg



 ついでに「 AntRoom」という、アリ専門のHPによれば・・・
『一般的なアリのコロニー(家族)は、女王(母)を中心とした働きアリ(娘)達により構成されて、巣の中で産卵できるのは女王アリだけです。
雄アリには羽があり、繁殖期にだけ現れ、交尾をすると死んでしまいます。
そのため、普段私たちが目にするアリはすべてが雌なのです!!』


e0365355_23183042.jpg



 美しさと驚きの生態のキマダラルリツバメは、この日新鮮な♂個体がたくさん出てくれたがメスの姿は確認できなかった。

e0365355_23183056.jpg


 昨年は撮影できた交尾場面も当然に無しだったが、これだけ新鮮な個体に出会えれば十二分に楽しむことができた。


e0365355_23194232.jpg


 また来年も会いにこよう!
「雪国茶屋」のご夫妻に挨拶して、奥会津をあとにした。


e0365355_23194301.jpg




[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-06-25 06:00 | Comments(0)

天辺コマドリ

 コマドリに会いたい・・・そう思った20年ほど前、いろいろなブログに載っていたのは苔むした岩の上や倒木の緑の苔舞台でさえずる写真だった。
春の渡りの時期の都心の公園や山梨・群馬の峠や谷、いろいろと行ってみたが・・・。
そうしてだんだん解ってきた。
以来、人為のない自然の中で探し始めた。
ところがこれが手強かった。
声はすれども姿は見えず・・・登山道を声につられて上ったり下りたりを繰り返し、撮れたのはモモンガだけとか・・・。
そんなことを繰り返し、やっと動きを読めるようになって・・・いろいろな新しい場所も探せるようになった。
 そんな、実力も無いのに慢心が芽生えたころ、声はしてもまったく見つけられないポイントに出会った。
笹薮に目をこらし木々の枝や茂みを追い・・・結局はいつものように近くのソングポストに出て来た一枚で帰る。
一日何をしていたのだろうと徒労感に包まれた。
コマドリは頭の上にいたのだった。
 コマドリ (駒鳥 Japanese robin)

e0365355_19543135.jpg

 標高1800mを越えただろうか?
今年も天辺コマドリを撮りに行った。
コマドリが数個体鳴き交わしている。
シラビソやオオシラビソ・コメツガなどの天辺を見回すと、朝の冷気の中で軽やかに歌うオレンジ色が!

e0365355_19543132.jpg


 実の形はシラビソのようだが・・・。
ここでも何も知らない自分がいた。
シラビソ・オオシラビソ・ウラジロモミ、似たような実を付ける三種類の樹木がここにはある。
天辺を見て十字架が付いていればオオシラビソと言う人もいる。
「球果の先端がオオシラビソでは丸みを帯びているのに対して、シラビソでは先端が尖っている。」ともある。
すると下の絵はオオシラビソだろうか?

e0365355_19543032.jpg

 こちらはコメツガだろうか?
近くの天辺でさえずるコマドリを見つけ、急いで坂道を上る。
やっと目線の高さで抜けて見えたのは、ダケカンバの若木の隙間からだった。

e0365355_19543152.jpg


 この日のコマドリは思いのほか長い時間、同じ梢でさえずってくれた。
しかも、僕を認識しているにもかかわらず、どうも他に警戒・注意が向いているようだった。
斜面の梢に降りては、そちらに顔を向ける。


e0365355_19543141.jpg


 樹林の中で盛んに鳴いていると思えば・・・。

e0365355_19561510.jpg



 やはり注意は僕の方ではなく、別の方向。
理由はいくつか考えられた。
そのひとつは、メスの存在だろう。
近くで営巣していて、メスが抱卵中なのだろう。

e0365355_19561466.jpg



 離れて観察していると、笹薮の中を動いていく。
そうして消えたあたりを遠目に探してみると!
エッ!?まさかそこの穴の中?

e0365355_19555908.jpg



 ピョンと跳びだしては、笹薮の中を移動して・・・。
まだ、頻繁に餌を運ぶわけではないから卵を温めている段階なのだろう。
この日はメスの姿を一羽も見つけられなかった。

e0365355_19561470.jpg



 あちこちで、コマドリの雄たちが心配そうに暗い樹林のなかを移動してはさえずっていた。
もう少しで雛が誕生するだろう。

e0365355_19561520.jpg






[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-06-22 12:00 | Comments(0)

 10月15日、棚ボタでサバクヒタキに出会った。
日本では、「まれな冬鳥または旅鳥」となっているが、それは日本海側の島嶼部や西日本の一部のようだ。
 僕には、2010年印旛沼近くの干拓地で出会って以来のサバクヒタキ。
第一感は「雌か若の♀タイプ」だったが、自信は無くいろいろな方に相談した。
結論的には、「サバクヒタキ 幼鳥」ということ。
 サバクヒタキ 幼鳥 Desert wheatear

e0365355_20401502.jpg

 イナバヒタキやセグロサバクヒタキ・ハシグロヒタキとの判別では、尾羽の黒に注目した。
尾羽の白黒パターンはサバクヒタキの場合、ほぼ全面的に黒。
他の3種は黒い部分が凹型になっている。
このことから、サバクヒタキに間違いはない。

e0365355_20401422.jpg



e0365355_20401454.jpg


 雌雄の判別だが・・・・。
問題は、サバクヒタキがオオルリのように巣立ってしばらくすると性差がはっきり出るタイプなのか、たとえばルリビタキのように雌との判別が困難なタイプなのかわからなかったこと。

e0365355_20401304.jpg



 このサバクヒタキが、巣立ってからどの程度の時間を過ごしてきたのかが大事な問題だ。
7月半ばに巣立ったと考えるとまだ3ヶ月、8月なら2ヶ月だ。
2010年12月に千葉県印旛沼近くの干拓地にでた個体は、顔が斑に黒かった。
雄の第一回冬羽の若鳥だった。


e0365355_20401511.jpg

 
 2010年12月に千葉県印旛沼近くの干拓地にでた個体。

e0365355_20401206.jpg


 12月半ばだったから、5ヶ月から6ヶ月たったと考えられる個体だ。

e0365355_20401229.jpg


 今回のこの個体は、性差が羽衣にでてくるには時間が足りないか?

e0365355_20401392.jpg


 
 野鳥の会本部の自然保護室に相談したところ 『写真の鳥は、初列雨覆や初列風切の色が、暗い灰褐色で、つやがないこと、摩耗していること等から、幼鳥と思います。
幼鳥は、非繁殖期の雌のように見えますが、胸の上部がバフ色になります。
おそらく成鳥になるにつれて、このバフ色が腹部の下部の方に広がっていくのではないかと思います。』
との返信をいただいた。


e0365355_20401338.jpg


 知人が真木さんに訊ねてくれた。
答えは『目元に黒みが感じられるから、もしかしたら雄かもしれないよ。変化を見たいね。』とのことだったと教えてくれた。
 この個体が長く居着いて、継続して観察できれば、やがて目元に黒が広がってくるかもしれない。
しかし・・・・それはなかなか難しいだろう。
こうしたことから、今回の迷鳥は「サバクヒタキの幼鳥」ということまでしか写真では判別できないという結論にした。
サバクヒタキ・・・迷鳥と出会う! その1・その2での♀表記画像は入れ替えました。




[PR]
by photo-etudes-eiji | 2017-11-03 21:58 | Comments(2)


 ムギマキは、合計何羽いたのだろう。
少なくとも若鳥3、成鳥雌1、2年目個体と3年目個体と思える成鳥雄2の6羽はいた。
少しの間はあってもひっきりなしにやってきては、2~3粒のマユミの実を食べる。
そうして、高木の枝や葉の茂った低木の中に移っては、一休みしてまたやってくる。
実を咥えた瞬間は、どの顔も「どんなもんだい!」とでも言うように笑顔にあふれているように見える。
 ムギマキ(麦播 英名 Mugimaki Flycatcher )

e0365355_22275131.jpg



 ツルマサキやミズキの実の時はどうしても見上げになってしまい、なかなか目線の高さで撮れないでいた。
こんな機会はなかなかないので、撮りまくった。

e0365355_22275274.jpg


 こうして真横からの画像をしっかり撮っておけば、あとあとの幼鳥・第一回冬羽の若鳥・雌成鳥・雄成鳥など判断の材料になると思ってはいるのだが・・・。
その作業は大変だから、後回しになってしまう。

e0365355_22275239.jpg

 実際はそんなことよりも、黒のしっかり出た雄の成鳥を綺麗に撮りたいと、欲をかいて目線で雄を追うのにあたふたとしているのだが。
それを一枚でも撮れれば、ジックリゆったり眺めている余裕がでる。
成鳥雄が、まるでヤツガシラのようにパックンと!

e0365355_22275212.jpg

 こんな顔は、得意満面といったところか(^_^)v

e0365355_22275328.jpg

 それにしても、幸運な時間だった。
マユミではこれまでも何度か撮ったことはあったが、ワンチャンスで終わりとか若鳥だけだったり・・・。
 

e0365355_22275348.jpg

 動画もそこそこ撮ったけれど、ムギマキの動きを追うのは大変。 

e0365355_22275148.jpg

 十二分に楽しませてもらった。

e0365355_22275192.jpg









[PR]
by photo-etudes-eiji | 2017-10-29 23:26 | Comments(2)

曼珠沙華

 公園の片隅に一輪、曼珠沙華が開花した。
翌日には、雨のなかに五輪ほど。
9月になれば、黄金色の田の畦の「はさ掛け」の傍らを鮮烈に染める曼珠沙華は、撮りたくなる花だ。
仏典では「天上の花」といわれたり、朝鮮・韓国では「葉は花を思い、花は葉を思う」として「相思華」とよばれたり。
そんなところも、魅力のひとつだ。
 曼珠沙華 (ヒガンバナ 英名 red spider lily)

e0365355_22250976.jpg


e0365355_22251098.jpg


e0365355_22251002.jpg


e0365355_22251103.jpg


 湾岸の公園で咲いたとなれば、房総では!と期待してドライブ。

e0365355_22251172.jpg


e0365355_22251227.jpg


e0365355_22381128.jpg


e0365355_22381148.jpg


e0365355_22381201.jpg
 
 久留里城(現在のものは1979年に天守台脇に作られた模擬天守閣)

e0365355_22514743.jpg





















[PR]
by photo-etudes-eiji | 2017-09-13 22:54 | Comments(0)

コミミズク

 アネハヅルを撮りに行ってコミミ、チフチャフを撮りに行ってコミミと今期はコミミに足が向いた。
川伝いを飛んできたかと思えば、土手を上って目の前を横切る。
そんな場面がうれしいことに何度もあった。

e0365355_20253688.jpg


 マニュアルフォーカスやど真ん中で追い続ける練習ができたり、とても楽しませてもらった。

e0365355_20253761.jpg
 
 
 肝心の夕焼け色バックではなかなか思うようには撮れなかったが、逆光の中を進んでくるのはうれしい。


e0365355_20253788.jpg

 そして何度も狩りをし失敗し、成功しては獲物を貯蔵するなど、いろいろな場面を間近で見せてくれた。

e0365355_20253860.jpg


 その時々のカットを見ると、何とも可愛らしい。

e0365355_20253987.jpg

 失敗して照れ隠しするかのような場面はほほえましいが、目の前での狩りは圧倒的な緊迫感。


e0365355_20253990.jpg

 ブレーキをかけて方向を微調整して、まるで顔から突っ込む感じだ。

e0365355_20254080.jpg

 背面の模様をしっかりと見せて飛び込んでくれるのも、うれしいことだった。

 
e0365355_20254003.jpg


 残念なのは、なかなか風景的に撮れなかったことだ。
八ヶ岳なら山バックが比較的に撮りやすいのだが・・・・。
 それでもなんとか、雪山をいれて飛んでくれた。

e0365355_20254145.jpg




[PR]
by photo-etudes-eiji | 2017-02-06 21:30 | Comments(2)