人気ブログランキング |

クモマツマキチョウ

 ギフチョウを撮ったら、クモマツマキチョウに会いたくなる。
蝶専門ではないのですべて美しいとは思えないし、毛虫は苦手だし、チャドクガにはやられてひどい目に遭っているし・・・。
それでも、シジミチョウはベネツィアンマスクを思わせるような目がかわいく、ギフとクモツキは別格。
クモマツマキチョウは、表翅の鮮やかな赤味を帯びた黄色またはオレンジがとてもキレイだが、裏翅の色や模様が素晴らしい。
雲の間に金色の雷光が走ったような、金粉をまぶしたような美しさにひかれる。
 クモマツマキチョウ ♂( 雲間褄黄蝶 The Orange Tip

e0365355_20171856.jpg

e0365355_20171835.jpg

 早朝にウグイスやオオルリ・コマドリの声を聞き、キビタキ・コルリを見て気温が上がった頃探し始めると、一頭の雄がヒラヒラと現れた。
現れたのはイイが、なかなかとまってくれない。
やっと、カキドオシの花にとまった。
カキドオシ(垣通し)は、シソ科の植物の1種で日本中どこでも道ばたなどで見られる多年草。
こんな時でなければ、滅多に目もくれない草花だが・・・、クモマツマキチョウの時だけは咲いている場所を丹念に探す

e0365355_20171854.jpg


e0365355_20171865.jpg

 クモマツマキチョウは、準絶滅危惧種。
長野県では、指定文化財・長野県天然記念物で、指定全域で採集禁止蝶。
採集禁止にもかかわらず、産卵した食草ごと盗まれてしまうといい、昨年もそんな人がいたという。
鳥の世界も蝶の世界も・・・困った人はどこにでもいる、ということか・・・。

e0365355_20171888.jpg

 スミレは満開に咲いているのに、そこにはなかなか来てはくれかった。
やっととまっても、なかなか撮りづらいところ。
キレイに開翅もしてくれず、次から次ぎへと瞬時で飛んでしまう。

e0365355_20214926.jpg

e0365355_20214662.jpg

 飛んでいるのは蜂なのか蟻なのか?
まったく分からない。
蟻がシジミチョウと関係性が深いというが、クモマツマキチョウとという話は聞かないから、たまたま吸蜜でバッタリ鉢合わせということか。

e0365355_20224239.jpg


e0365355_20224250.jpg

e0365355_20224394.jpg

 雌のクモマツマキチョウは、一時間に二度ほどのペースで出てくれたがやはり飛び回ってばかりだった。
どういう時期に発生し、どのような時間帯や条件で開翅してくれるのか?
いろいろなことが不勉強なままでも、とりあえず今年も雌雄に会えた。
 クモマツマキチョウ ♀( 雲間褄黄蝶 The Orange Tip

e0365355_20232443.jpg


e0365355_20232499.jpg

e0365355_20232459.jpg

by photo-etudes-eiji | 2019-05-26 20:26 | | Comments(0)