柿とアオゲラ

 カラムクドリに始まりベニヒワの大群やヤマヒバリに出会え、ドイツトウヒでのイスカやシラビソの天辺コマドリなど念願の絵を撮ることができた2018年。
最後は、日本固有種と学名に日本語の入った植物で締めよう。
 アオゲラは日本にのみ生息し繁殖する固有種。
そのアオゲラはなかなかにグルメで、蟻からマユミの実やサクラの実・タラノキの実といろいろな実も食べる。
一方の柿は、『柿の起源と品種分化・・・神崎真哉 近畿大学農学部』によれば中国原産の温帯性落葉果樹で、東アジアの固有種。
グルジア、アルメニア、トルコ辺りでは干し柿を作るそうだ。
ヨーロッパや北アメリカには江戸時代に日本から伝わり、その影響で学名に「Diospyros kaki」と「柿」が入り「Dios=神」「pyros=穀物」で、「神のたべもの」という意味になったという。
英名でも柿は「Kaki Persimmon」。
 そんな柿の木に、固有種アオゲラがやって来た。
 アオゲラ ♂(緑啄木鳥 Japanese green woodpecker)

e0365355_23441506.jpg

 伸び放題の徒長枝が邪魔して、スッキリした場所でなかなかとらせてくれないのが困りもの。
アオゲラは遠くでビョービョーと鳴いていたと思えば、一気に柿の木の中段のこみ入ったところにやってきて、周囲を見回し食べやすい実のところまで登っていく。

e0365355_23441548.jpg

 そうして、柿の実に嘴を突き刺してはゼリーやジュレ状になった実を長い舌でなめとる。
あるいは長い上嘴のヘリ全体でこそぎ落として食べていた。

e0365355_23441592.jpg

 一口二口食べては、瞬膜を閉じて「ウ~~ン、うまい!」とでも言っているかの表情を見せる。
やっと来だした寒気の中で、一日アオゲラに遊んでもらった。

e0365355_23441655.jpg


e0365355_23441654.jpg

 アオゲラ ♀(緑啄木鳥 Japanese green woodpecker)

e0365355_00015101.jpg



e0365355_00015175.jpg


e0365355_00015112.jpg


e0365355_00015136.jpg


e0365355_00015240.jpg

 左が♂右がメス

e0365355_00025154.jpg

e0365355_00025192.jpg

 アオゲラ ♀(緑啄木鳥 Japanese green woodpecker)

e0365355_00025270.jpg

 

by photo-etudes-eiji | 2018-12-30 06:00 | 野鳥 | Comments(0)