ナベヅルがやって来た!

 フィールドで野鳥の出を待っていると、背後の遠い空に黒い点が三っ。
アオサギにしては順光なのに黒いし体が太い気がするし、鵜にしては飛び方も体型も違う。
双眼鏡に入れて見ると、ツル!
胴体の羽衣の色が鍋についた煤のように見えることから、和名がついたといわれるナベヅルだった。
ナベヅル三羽はゆったりと、しかも、なんとなくユーモラスな格好でこちらに向かってくる。
 ナベヅル(鍋鶴 Hooded crane)

e0365355_00180861.jpg

 ナベヅルは800mほど先の田圃に降り立ったようだ。
500mほど歩き、畦の枯れ草の隙間から急いで証拠にワンカットを押さえた。
ナベヅルは絶滅危惧II類(環境省レッドリスト)。

e0365355_00180872.jpg

 距離をつめようとしたが、ナベヅルはしばらくして飛び立ってしまった。
しかし、こちらに飛んでくるではないか!

e0365355_00180883.jpg


 三羽は家族なのだろうか?
前後を成鳥がゆき、真ん中の個体は頭部から顔・頸と淡褐色だから幼鳥だ。

e0365355_00180849.jpg

 村の杉林を横切りひと羽ばたきごとに近づき、南西に向かうが・・・レンズからはみ出してしまった。

e0365355_00180806.jpg
 ナベヅルは、世界の推定生息数の九割が九州・鹿児島の出水市で越冬するという。
近年、その過度の集中が種の保存上からも問題になって、デコイを設置するなどして越冬地を分散させようとの試みも始まっている。

e0365355_00221288.jpg
 2014 年 11 月に出されたパブリックコメント資料を、一部抜粋してみた。
『ナベヅル、マナヅルの新越冬地形成等に関する基本的考え方   環境省自然環境局野生生物課 鳥獣保護業務室 』
『3 目標 第一段階として、集中化による絶滅リスクの回避が喫緊の課題であり、ナベヅルは、世界の個体の約9割が出水で集中して越冬していることから、まずはナベヅルに対して優先的に取り組み、国内の出水以外の複数地域で安定的に合計1,000羽以上(成鳥)越冬する(環境省レッドリストの絶滅危惧 種判定の一基準)ことを目標とする。マナヅルについては、出水での集中の割合は世界の個体の約5割とナベヅルより低いものの、世界の個体数は、ナベヅルよりも少ないことから、ナベヅルのように具体的な個体数の設定は行わないものの、出水以外での越冬個体数の増加を目指す。 最終的な目標としては、出水以外の国内複数箇所において、出水のよう な長期安定的な越冬地を形成するとともに、国内でのツル類の健全な個体群の維持を図ること、また、出水においても、餌場、ねぐらへの過度の集中を緩和し、できる限り給餌に頼らずに生息できる良好な越冬環境を形成・維持することを目標とする。 』

e0365355_00221286.jpg
 ナベヅルが戻ってこないか?と、 チラチラと西の空を見て北の空を見て・・・。
すると、北の空からハクチョウの群れが飛んできた。
 コハクチョウ(小白鳥 Tundra swan )

e0365355_00221176.jpg
 コハクチョウの群れのようだ。
「本埜のハクチョウの里」では、今期の飛来数が130羽を超えたとか。
コハクチョウ(小白鳥 Tundra swan )

e0365355_00221111.jpg
 この冬はもう一度コハクチョウのビルパターンを三種きっちりと撮りたいものだ。
(過去記事の2018-01-31 「コハクチョウのビルパターン」に詳しく)

e0365355_00221179.jpg

 そんなことを考えながら待っていると、ふたたび西北の空にナベヅルが戻ってきた。
先回りして先ほどの田圃近くにと思っていたら・・・東の空に飛んでいってしまった。
この冬、茨城・千葉とナベヅル飛来の話を聞く。
この家族は同じ家族なのかどうか解らないが、いずれにしても周辺に落ち着けばまた会う機会もできるだろう。
 ナベヅル(鍋鶴 Hooded crane)

e0365355_00244639.jpg


by photo-etudes-eiji | 2018-12-05 06:00 | 野鳥 | Comments(0)