房総のノビタキ

 秋の渡りが始まり、房総にもノビタキがおりてきた。
(注・・・真夏に房総でノビタキをまじめに探したことはないが、高原や北海道などでしか見たことはないので・・・。)
やっと撮れたのは九月も末になってから。
コスモスが咲き、ソバは真っ白な花をつけていた。
来ていれば、そのうちにソバ畑にも出てきてくれるはずと期待がました。
背景の白はソバの花!
 ノビタキ(野鶲 Common Stonechat)

e0365355_20290636.jpg


 セイタカアワダチソウの咲き出した花穂の先端にのって、コスモスやソバの花・大豆畑を眺めている。
そうそう、あそこの白いところがソバ畑!
そこで撮らせて欲しいのでよろしくね!と頼んでおいたのだけれど・・・。

e0365355_20290629.jpg


 
 台風24号の暴風雨は、緑に白一面のソバ畑をなぎたおし緑一色に変えてしまった。
白い花弁は一枚二枚と数えるほど。
ソバの実はまだ完熟前で、先端に付いていたのですこし安心したが・・・。
コスモス畑はさらに悲惨で、8枚程あるはずの花弁のついたものは一本もなく、花弁一・二枚のものが数本だけ。
台風が遠く去っても、通過後の強い南風にノビタキは身を低くしていた。

e0365355_20290659.jpg

 強い風が吹けば、ノビタキは柔らかい茎の植物にはとまらない。
畦道の枯れて折れたアカザやセイタカアワダチソウなどの折れた先端にとまって、獲物を探していた。


e0365355_20594853.jpg

 ここにもつがいのノビタキが来ていた。
確認がキチンとできなかったが、若もふくめた三羽のよう。
つかず離れずといった感じで、畦道沿いに移動して採餌する。

e0365355_20594967.jpg

 風上に体を向け・・・。

e0365355_20594917.jpg

 強風には身をかがめたり、翼をうまく使ってバランスを保つ。

e0365355_20290641.jpg

 羽毛が逆立つ。 


e0365355_20594983.jpg


 畦にはアカマンマやツキミソウもあるのだが、そこにはのってくれない。
田圃に稲架とかワラぼっちでもあれば・・・と、思うが・・・区画整備された田では今は見かけない。
その上、早場米の房総は二番穂がのびている。

e0365355_20290750.jpg


 どう絵にすれば良いのかわからないまま、時間切れ。
今期は房総のソバノビ、無理かな?

e0365355_20594922.jpg



[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-10-03 06:00 | 野鳥 | Comments(0)