コマドリ・・・餌を運ぶ

 お盆を過ぎて、山もずいぶん静かになった。
うるさいぐらいに鳴いていたウグイスも声が少なくなり、天辺で高らかに唄っていたオオルリもそこにもう姿がない。

当然コマドリの声も、時折一声二声軽く口ずさむ程度。
8月の初旬には、シラビソ・オオシラビソの天辺や渓流・笹薮の所々でさえずってくれていたのに。
 コマドリ (駒鳥 Japanese robin)

e0365355_16294948.jpg


e0365355_16295020.jpg


 しかし、いなくなったわけではない。
笹藪から笹藪へ渡ったのはクロジ。
枝から枝へヤマガラ・シジュウカラやルリビタキが採餌に渡る。
じっと耳をすましていると、すぐ側の笹が音を立てた。
逆光の中に黒い影が2羽?給餌を思わせる動き。

羽色も確認できぬ瞬間だったが、どうやらコマドリのようだった。
揺れる笹を目で追いながらしばらく待っていると、斜面の上に渡ったオレンジ色が見えた。
今度はこちら側に近づいてくる。

e0365355_16295059.jpg



 笹薮の根元をピョンピョンと採餌しているのだろう。
突然、出てくるならここかと狙っていた石の上に出てきてくれた。
石の上から苔の上に飛び降りて・・・、ふたたび笹薮の中に消えていった。


e0365355_16295017.jpg


 時折声が聞こえ、揺れる笹はあってもなかなか姿を見ることのできない時間が過ぎたころ、やっと姿を見せてくれた。
嘴に獲物をくわえている。
 このポイントでは7月の終わりに雛は巣立ったと思っていたが、別個体なのだろうか?


e0365355_16295022.jpg


 こちらも見つかって、一瞬で笹薮に消えられてしまった。
またしばらくは、風に揺れる笹や梢を気にしながらメボソムシクイやルリビタキに遊ばよう。
みな、子育てを終えたようで気ままに木々を渡ってゆく。
 笹薮が動いた。
根元からコマドリが出て来た。

e0365355_16495033.jpg


 藪から、少しだけ開けた場所にピョンピョンと移動してゆく。
さらに獲物を捕まえようというのか、それとも巣立ち雛をさがしているか?

e0365355_16495013.jpg


 獲物をくわえたまま、こちらに近づいてくる。
山蕗の根元になにかを見つけたのだろうか?

e0365355_16495010.jpg


 ピョンと蕗の根元に飛び込んでは、なにかを咥え斜面を登って行ってしまった。
そして、軽く一声「♪ヒンカララ~~♪」。
心なしか、その声に向かって笹が動いていく気がした。
 残念ながら、雌と幼鳥の姿は画像として確認できなかった。
それでも、どうやら今年ここも無事に巣立ちを迎えたようでほっとした。


e0365355_16495119.jpg


 
 








[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-08-28 19:00 | 野鳥 | Comments(0)