天辺コマドリ・・・オオシラビソの実③

 たったワンシーンで終わり、あとはふたたび姿は見えず探せず・・・。 
そんなことはさんざん経験してきたが、今回はそこそこの絵にできたので今までの悔しかったシーンが浮かんできた。
 朝霧の天辺でさえずっていた真っ黒個体が、手前の谷に落ちてきた。
やっとオレンジ色が解る枯れ枝の先。
 コマドリ(駒鳥 Japanese robin)

e0365355_20484217.jpg

 コメツガだろう。
このポイントでは、ここがお気に入りの個体がいた。
しかし、どこにいるのかまったく解らなかった。
止まる位置によって、こちらからはまったく見えないのだ。
やっと見える場所にとまって、はじめてそこだったのかと理解できたが、その時には疲れ切ってしまっていた。


e0365355_20484385.jpg



 このポイントでは、一枚だけ天辺が撮れた。
しかし、そこに青紫の球果はひとつもなかった。
実のつかない年回りの木だった。

e0365355_20484309.jpg



 そこそこの球果がついたオオシラビソの天辺に、チョコンとのってさえずていたのは昨年だった。
霧の沸き立つオオシラビソの天辺・・・それはうれしかったのだが・・・絵は白黒。
なんとか現像で明度や彩度を調整して、やっとこれ。
撮っている時から、残念さでいっぱいだった。


e0365355_20484360.jpg


 天辺で見つけられても、角度が悪ければ・・・。
空中を歩いて行ければ、左に回って・・・なんて、本当に思った。


e0365355_20484303.jpg

 良く鳴いて、探しやすいところほど逆光の空抜け。
もう少し高い位置に登って・・・とやってみたが、今度は他の木に邪魔をされコマドリが見えない。

e0365355_20495299.jpg


 滅多にない天辺でさえずってくれても、雲をバックの逆光には泣かされる。
どうしようもない。


e0365355_20495362.jpg


 しばらくいてくれた間に雲が流れ青空バックになって、強めのプラス補正でなんとか強引に絵にした。
しかし、球果が少なすぎるよね~~。


e0365355_20495386.jpg


 球果はそこそこでも、徒長枝のような天辺では間延びしてしまう。
おまけに光は背中からで、おなかまで黒いアカヒゲのよう。
 この数年はそんな残念な画像ばかりを、それでもやっと撮ってきた。
絵になる画像は、何時になったら撮れることやら・・・。
まぁ、また来年も無駄な苦労をするだろうけれど・・・。


e0365355_20495392.jpg



[PR]
Commented by wagae at 2018-08-09 11:52 x
eijiさん、こんにちは。

天辺コマドリ、熱が入りますね。沢山撮られた様ですが、ご苦労が偲ばれます。
私は、2枚目のコメツガに埋もれて囀っているシーンが好きです。
同じようなシーンを撮った事がありますが、捜し当てた時には疲労困憊していました。

昨日行って来ましたがまだ囀っていましたよ。来シーズンは球果が期待できないので、来週も挑戦する予定です。
Commented by photo-etudes-eiji at 2018-08-10 22:23
> wagaeさん
 そちらはもう少し楽しめるなんて、羨ましいです。
コメツガよりなんて言ってもシラビソですよ!
700mmでは太刀打ちいかない、いい絵を撮られてますね!
いつか撮りたい、見果てぬ夢です!
by photo-etudes-eiji | 2018-08-05 06:00 | 野鳥 | Comments(2)