高層湿原のミドリシジミ

 ミドリシジミは湾岸や関東では、5月末から6月はじめに発生する。
それが、信州の高層湿原では7月も終わり近くならないと発生しない。
桜の開花でさえ一ヶ月と開きはないのに、ミドリシジミは何故こんなに平地と差が出るのだろう?
僕には解らないが、「♂一頭撮った。」「メス一頭撮れた」という鳥友のメールに、それなら数個体~一斉発生を期待できると向かった。
夏休みに入って避暑地の高原は、陸上部やサッカー・ラグビー・テニスと合宿のオンパレード。
その元気な声を聞きながらの昼間のミドリシジミの動きは、不活発。
やっと見つけた一頭と遊んだが、表翅はなかなか見せてくれない。
 ミドリシジミ  緑小灰蝶

e0365355_21191599.jpg

e0365355_21191546.jpg

 昼過ぎになってやっと、少しだけ表翅を見せてくれるようになった。
しかし、光の加減だろうかミドリシジミの金属光沢は青味が勝っていて・・・。

e0365355_21191440.jpg

e0365355_21191593.jpg

 午後も三時を過ぎる頃、7頭ほどが舞い始めた。
不思議に思ったのは、どの個体もヤチダモの梢から出て来てはその葉の上にとまること。
千葉では谷地田のハンノキで見ることが多いのに、ここではそばにたくさんのハンノキがあるのにヤチダモ。
その葉に一頭がのってクルクルと歩いている所に、もう一頭別個体がきた。

e0365355_21191572.jpg

e0365355_21373517.jpg

e0365355_21373640.jpg

e0365355_21373686.jpg

e0365355_21373608.jpg

 交尾かと思ったが、まだそのタイミングではないようで追いかけっこをしておしまいだった。
しかし、2頭が舞い上がると表翅の金属光沢が青緑や金緑色に輝き綺麗だった。
何度か雌雄で舞って、やがて♂は別のヤチダモの葉の上に。
同じ個体が、微妙な輝きを見せてくれた。


e0365355_21373668.jpg

e0365355_21424281.jpg

e0365355_21424236.jpg

 メスも表翅をひろげて見せてくれた。
ミドリシジミのメスの表翅は、A型B型AB型O型と四種あるそうだが、この個体はB型だろうか。


e0365355_21424286.jpg

 メスはほんの一瞬で飛び去ってしまったが、変わって♂が近くに出てくれた。
木漏れ日の射す中に、青から金緑色に変化する光沢をしっかり見せてくれた。
 高層湿原のミドリシジミがでて、僕のゼフィルスの季節は終わり。
来期は、まだ見たことも撮ったこともない種に出会いたいものだ。

e0365355_21424234.jpg





[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-07-27 18:00 | | Comments(0)