ゼフィルス巡り・・・②ジョウザン・エゾ・ハヤシミドリシジミ

 2年前、野鳥の会の先輩の影響でシジミチョウ科だけは一通り撮っても良いなと思うようになった。
それまではギフチョウとクモマツマキチョウ・オオムラサキ程度と、ルリシジミやヤマトシジミにベニシジミという身近なシジミしか撮ったことがなかった。
ある日、アカショウビンを探していると青緑色のキレイなシジミチョウが舞っていた。
すかさず500mmで撮ってはみたものの、ミドリシジミ系だとは解っても名前がさっぱりわからなかった。
今回はその点を解決したいと、ミドリシジミ系を裏表ジックリ狙う予定だった。
下が判別できなかったゼフィルスで、エゾミドリシジミだった。
 エゾミドリシジミ(蝦夷緑小灰蝶)

e0365355_12283941.jpg

 2年前に悩んだのはこの個体。
ジョウザンミドリシジミだった。
 ジョウザンミドリシジミ (定山緑小灰蝶)

e0365355_12283811.jpg


e0365355_12325459.jpg


 似たようなシジミチョウにはオオミドリシジミ始めたくさんいるが、裏翅をキチンと撮れていたので判別ができた。
下はハヤシミドリシジミ。 
 ハヤシミドリシジミ (林緑小灰蝶 The Hayashi Hairstreak)

e0365355_12325537.jpg

   
 ジョウザンミドリシジミ(定山緑小灰蝶)

e0365355_12360325.jpg


 ジョウザンミドリシジミ(定山緑小灰蝶)

e0365355_12360313.jpg


 今回、ゼフィルス6種類の見分け方の画像をいただきジックリと見比べた。
いろいろな見分けるポイント(白条線や肛角部の赤斑・尾状突起など)があるが、ここでは赤斑に注意して見た。
エゾミドリシジミでは赤斑が連続していて(画像の赤丸部分)、尾状突起の付け根部分(白丸部分)の白線が途切れている。
 エゾミドリシジミ(蝦夷緑小灰蝶)



e0365355_12325569.jpg


 ジョウザンミドリシジミでは赤斑部は、横向きのU字にくびれてつながっている。
尾状突起付け根の白線もつながっている。
 ジョウザンミドリシジミ (定山緑小灰蝶)

e0365355_12283987.jpg


 ハヤシミドリシジミでは赤斑は不連続。
 ハヤシミドリシジミ (林緑小灰蝶 The Hayashi Hairstreak

e0365355_12325444.jpg



 今回もだが、意識して同一個体の裏表を撮って判別ポイントを残そうと試みた。
結果は、今回はゼフィルスとしてはジョウザンミドリシジミ・クロミドリシジミ・ウラゴマダラシジミ・アカシジミ・ウラナミアカシジミしか撮れなかった。
 ジョウザンミドリシジミ (定山緑小灰蝶)

e0365355_12283856.jpg

 ジョウザンミドリシジミ (定山緑小灰蝶)

e0365355_12283893.jpg



 ジョウザンミドリシジミ (定山緑小灰蝶)

e0365355_12325579.jpg


[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-07-05 18:00 | | Comments(0)