トラフズク

 今ではトラフズクは、それなりにあちこちで見ることのできるフクロウ目フクロウ科トラフズク属の野鳥。
トラフズクは留鳥で、寒冷地に分布する個体は冬季に南下する。
めて見たのは、その生態も鳴き声も知らなかった10数年前の冬のことで、川沿いの小さな公園の枝被りの中だった。
例年、5月連休明けあたりが巣立ちの時期だったが、今年は4月中旬には巣立っていた。
あれからもう一ヶ月がたったので、公開しても良いだろう。
とはいっても、枝被りの中にいていい絵にはできなかった。
 トラフズク 巣立ち雛 (虎斑木菟 Long-eared Owl)

e0365355_17465936.jpg

 メスのみが抱卵するというから、たぶんおかぁさんなのだろう。
一瞬だけパッチリと目を開いてくれた。
近くをカメラマンが通ったからだけれど。
 トラフズク 親鳥 (虎斑木菟 Long-eared Owl)

e0365355_17465937.jpg

 過去画像の大半は外付けHDに保存しているが、一部だけ本体に残っていた。
これは、2011年の5月のもの。
高いスギの枝に作られた巣の中に最後の一羽がいた。

e0365355_17465917.jpg


 三年前の画像には四羽の雛がいた。
営巣木から離れて覗くと、四羽の雛がまもなく巣立つところだった。

e0365355_17465918.jpg

 ダルマさんのように鎮座した、真っ黒顔にオレンジ気味な虹彩。
兄弟姉妹が巣立って最後に残ったこの子は、巣から枝を伝って離れたかと思えばまた戻って・・・。
 
e0365355_17470096.jpg

 翌日には無事に巣を離れたそうだった。

e0365355_17470099.jpg

 トラフズクは、「となりのトトロ」のモデルと言われている。
初期設定での名前は「ミミンズク」。
名前は眠いよという「ドゥオ、ドゥオ、ヴォロー」という叫び声を、メイが名前だと勘違いしたからとなっているようだ。
「所沢のお化け」というのを宮崎監督の知り合いの女の子がうまく言えず、「ととろざわ」と言ったことがきっかけになったともあった。

e0365355_17470094.jpg

 あまり良い条件では見られなかったが、今年も出会えただけで十分うれしいことだった。

e0365355_17470003.jpg



[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-06-03 20:17 | 野鳥 | Comments(0)