コマドリ・・・標高を上げて

 オオルリシジミは事業所の敷地内だから、始業時間までをコマドリに会ってきた。

4月半ばに飛来しだしたコマドリは、中程度の高さでとどまっていたようだがずいぶん高度を上げたようだった。

谷筋の木々は例年よりも早く芽吹き、葉も繁り始めてきた。

静かに耳を澄ませば、谷を登ってくるコマドリの声。

昨年10月末の台風の影響か、2月の積雪の影響か・・・・倒木や落石がめだつ。

そんな中を、ピョンピョンとホッピングしては採餌しながら、時折一声さえずる。

 コマドリ (駒鳥 Japanese robin


e0365355_21480031.jpg



 倒木と折れた枝のガサガサの隙間の向こう、苔の岩の上に出て来た。
倒木と緑の苔、どちらを選ぶといわれたら、それは苔の上だけれど・・・どこかのヤラセ・餌付け・お立ち台みたいで、あまり好きではない。
そうはいっても飾り付け貼り付けた苔ではないことが十分解るから、いいのだけれど。

e0365355_21475977.jpg

 コマドリはさらに登ってきて、最接近。
しかし隙間からなので、縦位置に切り取るしかない。
僕のいることを確認して、すぐさまピョンと下りてしまった!

e0365355_21475967.jpg


 少し登ったところで対岸の笹藪方向からの声に反応して、イイ声で鳴いてくれた。
コマドリは、ウグイス・オオルリとで日本三鳴鳥。
いつ聞いても何度聞いてもイイ声だ。

e0365355_21475945.jpg

 登っていったコマドリが、しばらくしたら下ってきた。
相変わらずの折れた小枝・枯れ枝の中。


e0365355_21475910.jpg

 進路には切り株があるからここに出るだろうと待っていたら、ピョンと乗ってくれた。
これもまた、ヤラセの場所ではありがちなシチュエーションだが、粉も吹いていなければ餌も置いてはいない自然のまま。
切り株は数年前の倒木処理のあとだ。

e0365355_21504869.jpg


 2カットぐらいで、ふたたび折れた枝の中に降りてしまった。

e0365355_21504855.jpg


 そこもまた、たくさんの小枝が、手前でもバックでも白く筋になりうるさいところ。


e0365355_21504837.jpg


 あどけない感じはとても良いのだけれど、光がうるさいな~~。


e0365355_21504814.jpg


 谷筋の中程を往復してくれたところで、今回はまたね!とさよならした。

e0365355_21504895.jpg



[PR]
Commented by torimingoo at 2018-05-21 05:31
おはようございます!

私もコマ大好きなので
じっくり拝見させていただきました。

文面から、同じ想いで
撮影されている事分かり
嬉しくなりました。
^^
Commented by photo-etudes-eiji at 2018-05-23 13:51
遅くなりすみません。
僕も最初のころ山梨の峠に行ったことがありますが、ここまで来てこれかという感じ。
餌付け・ヤラセ・音声流しで、密猟されたり他の餌食になったり、雛の餓死や営巣放棄、色々あります。
野鳥を「玩具」のように扱うことには抵抗を覚えます。
以来ほぼすべて、いっさい何もしないで自然のままに撮ることでやってきました。
どこかでお目にかかれれば良いのですが・・・人のいないところにばかり出かけるので・・・・。

by photo-etudes-eiji | 2018-05-20 06:00 | 野鳥 | Comments(2)