コルリの羽繕い

 せせらぎの死角で水浴びをしたコルリが、倒木で羽繕いを見せてくれた。
野鳥は水浴びや砂浴びと羽繕いによって、羽に付いたダニなどの寄生虫や汚れを取ったり、尾脂腺から出る脂を羽にぬったり、粉綿羽(ふんめんう)という先端が崩れて粉になる羽の粉をまぶすなどして、撥水性や保温性を高めたり清潔を保ったりする。
その上この羽繕いには、裂けた羽弁を修復する役割もあるそうだ。
 野鳥の生活の中で羽繕いは、一日の2時間近くを費やす重大事なのだ。
そんな姿をジックリ見せてくれた。
 コルリ ♂(小瑠璃 Siberian blue robin)


e0365355_11254967.jpg

e0365355_11264903.jpg

e0365355_11254943.jpg

e0365355_11255011.jpg

e0365355_11274646.jpg

e0365355_11274669.jpg

e0365355_11274692.jpg


e0365355_11274616.jpg



e0365355_11255032.jpg


[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-05-06 18:00 | 野鳥 | Comments(0)