地上に降りたベニヒワ

 今期は房総のイスカに始まりレンジャクからベニヒワと、大量飛来してくれてずいぶん楽しませてもらった。
ベニヒワにいたっては、カラマツの天辺なら撮らなくていいやなどと、罰当たりなことも一瞬考えるほど。
その罰当たりのせいか、期待した地上に降りて採餌という場面はイイものが撮れなかった。
最後の出会いは三月半ば過ぎの、百数十のベニヒワの群れ!
カラマツを渡って来て、一部が白樺の木に降りた。
 ベニヒワ(紅鶸 Common redpoll)

e0365355_20562531.jpg

 胸までイチゴシロップ色の二羽の雄と雌に若だろうか?
雪の融けた地面に落ちている種子を食べに来たのだ。

e0365355_20562597.jpg


 雪の中で冷凍保存されたカラマツの種子を、一生懸命に探してはついばむ。

e0365355_20562541.jpg

 草の斜面にも器用にとまって落ち穂拾い。


e0365355_20573397.jpg


 雪の重みと吹雪で落ちた小枝なのだろう。

e0365355_20573375.jpg


 そこについた実からも、ほじって食べていた。

e0365355_20573349.jpg


 せわしないのは樹上も地上も同じこと。
まるで鶏並みについばむ、歩く、ついばむ!

e0365355_20582835.jpg


 雪面をよく見れば、無数のカラマツの種子。
まぁ、ここでは悪さをするカメラマンはいないからチョコマカと忙しいが、長い時間食べてくれた。  

e0365355_20582845.jpg


 タップリ食べると、近くの白樺やトウヒなどで一休み。
それをチャンスと、イイ構図で・・・などと狙うのだが・・・なかなか・・・・。
 
e0365355_20582774.jpg


 生け垣に降りることもあった。
カラマツの種子が、そこにもたくさん落ちているのだ。
緑がはいるとやはり、春めいた感じになる。

e0365355_20573475.jpg


 ホッピングしては場所を変え、手こずらせてくれる。

e0365355_20582725.jpg


 その上、この画像はレンズの最短撮影距離ギリギリ。
マニュアルでの限界の近さ。
最後の最後に雌雄ペアで並んでくれた。
 カラマツは10年に一度しか結実しない。
したがって、ココでの来年はないということだろう。
たいした絵を撮ってはあげられなかったけれど、色々と勉強をさせてもらった。

e0365355_20562565.jpg



[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-03-31 06:00 | 野鳥 | Comments(0)