春への距離

 零下のフィールドで撮影し、車中泊する。
シュラフに入れば、窓を少し開けていてもなんの苦も無く暖かく眠れる。
自分の吐く息でか?窓は内側も盛大に凍る。
昨日の雪がやんで、今日は青空が少し見えだした。

e0365355_10290035.jpg


 時折風が吹き、枝先に積もった雪を花吹雪のように散らす。
豪雪に苦しむ方々には申し訳ないが、その美しさに感動する。
気温は零度でも、青空に光あふれれば春の気配。

e0365355_10290195.jpg

 少しの雪で交通網が寸断する街に生まれた僕は、霜柱を見つければ踏みたくなり、つららを見れば折りたくなる。
「都会の子らが来ると、つららを折るのが怖い。屋根の雪が一気に落ちて事故になることがあるから。」
そう教えてくれたのは、以前泊まった雪国の宿の御主人。

e0365355_10290194.jpg

 車を走らせていると、キハダの木。
黒い実にタップリと雪の綿帽子がのって 、青空に映える。
ここにオオマシコが来ないか?
食痕が全くないのだから、こないだろうな。

e0365355_10290187.jpg

 ・・・・・・帰宅して布団に寝る。
ゆったりと朝寝坊して起きると、天気は曇りから晴れにかわり気温も上がるという。
それならば、河津桜が満開近いから見に行こうか。


e0365355_12590033.jpg

 川沿いの道は、そこここに若木が満開の花を付けている。

e0365355_12590138.jpg

 里山の風景といきたいところだが、ここはなかなか厳しい。

e0365355_12590064.jpg

 ダムサイトの高台を歩く。
湾岸ではすでに終えたロウバイが、ここでは満開だった。


e0365355_12590077.jpg


 フキノトウが数個芽吹いていた。

e0365355_12590155.jpg


 湖畔のボート乗り場には、ミモザがまもなく満開だ。

e0365355_12590147.jpg

 気象庁の歴代最低気温の全国ランキングベスト10は、北海道がしめ1位が北海道 上川地方 旭川 -41.0 1902年1月25日で、4位に静岡県 富士山山頂 -38.0 1981年2月27日だそう。 
寒さも底を打ち、少しずつ春に近づく。 

e0365355_12590171.jpg

 見上げれば青空に桜が揺れ、近くには菜の花。
コラボで撮れないのは残念だが、枯れ草の上で昼寝でもしたくなった。

e0365355_12590251.jpg

 如月から弥生へ。
雛祭りだな。
今年も、青葉の森にはスズメの雛飾りが飾られていた。

e0365355_10290153.jpg



[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-02-26 18:00 | 風景 | Comments(0)