雪の中のイスカ

 イスカは、感動と不思議に包まれる興味深い野鳥だ。
そんな不思議なイスカに魅せられて、撮り続けてきた。
雑誌「BIRDER」2018-02号で、三上かつらさんという方が「アトリ界の変わり者、イスカの謎多き冬暮らし」という一文を載せていた。
三上さんの論文を読んだことがあるが、僕の問題意識に一定の回答を明らかにしてくれるかもしれない研究者がいることは、うれしいことだ。
イスカの謎が解き明かされて欲しい反面、謎を謎のまま不思議な感動に包まれていたい気持ちも少々あるのだが・・・。
 静かに舞っていた雪が、吹雪き出した。
それは、イスカ♀も顔を背けるほど。
カラマツの実に積もった雪も真横に吹き飛ばされる。
 イスカ(交喙 Common Crossbill)雌
                
e0365355_09383851.jpg
        
e0365355_09375732.jpg

 イスカの体色は、誕生月や摂取食物の差でいろいろなバリエーションがある。
「黄色い雄」も存在するという。
ここで出会った群は、大陸からの越冬飛来個体群のようだ。
集団でジュンジュンと鳴きながら飛んできては、カラマツの実をついばむ。
 イスカ(交喙 Common Crossbill)雄

e0365355_09375665.jpg


 雪は時折吹雪き、やんではまた舞い出す。
零下の中で、食べ続けることは唯一生きていく手段だ。
だからだろうか、イスカは他の鳥に対して鷹揚に見える。

e0365355_09375739.jpg


 マヒワやベニヒワの群れが同じ木に飛来しても、追い立てることがないように思う。
テリトリー意識が低いのだろうか。
雪の降りしきる枝先に、ベニヒワと仲良くぶらさがった。

e0365355_09375724.jpg

 ベニヒワと並ぶと、その嘴の大きさが目につく。
カラマツの実は、全長14cmのベニヒワにはちょうど良い大きさに思え、全長17cmのイスカには小さすぎる感じ。

e0365355_09375768.jpg

 カラマツに、雌のレモンイエローの羽衣はよく目立つ。
 
e0365355_09383868.jpg

 カラマツには大きすぎるように感じる嘴を、器用に角度を付けてねじ込み・・・。

e0365355_09383808.jpg

 舌をうまく使って、種子を食べる。

e0365355_09383896.jpg

 積もった雪が、イスカの一突きで風に舞う。
ジックリと眺めていても、そのたびにシャッターを切ってしまう。 

e0365355_09383925.jpg

 イスカの雌も同じ枝にやってきた。
ペアなのだろうか?
カラマツのイスカはなかなか絵にしづらいが、こうした場面を眺めているのは心が穏やかになる。

e0365355_09392892.jpg



[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-02-17 20:29 | 野鳥 | Comments(0)