真冬の黄色 マヒワとミヤマホオジロ

 冬枯れの木立の中に、マヒワの群れが動く。
光の加減で、時にハッとするほど鮮やかなレモンイエローの花が咲く。
そんな個体はだいたいが雄。
顔つきは「鳥の王様」キクイタダキに負けず、泣き顔みたいだが(^^;)
  マヒワ(真鶸 Eurasian siskin)

e0365355_19054669.jpg

 繁殖期はユーラシア大陸の東部と西部に生息し、日本には冬鳥として越冬に訪れる。
記録では北海道でも繁殖したそうだから、一部留鳥でもあるようだ。

e0365355_19054511.jpg

 一〇月はじめの戸隠など、マヒワの群れはまず山間部に入り、次第に平野部に移動してくるようだ。
針広葉樹の実を好むためか、早く実る山に入り芽吹きのはやい平野部に移動するのだろう。
ハンノキだろうか?
種子の付いた小枝にしがみついて、盛んについばむ。
乾いて開いた毬から、種子がこぼれ落ちる。

e0365355_19054658.jpg

 嘴の上から後頭部にかけてと、嘴の下の喉の部分が黒っぽいので雄。
 
e0365355_19054664.jpg

 湖畔の水場に降りてきたのは、マヒワの雌。
後頭部と喉の部分に、オスほどはっきりした黒味はなくて黄色味も少ない。

e0365355_19054628.jpg

  ミヤマホオジロも、一〇月下旬には出会っていた。
公園の草むらの中で動いていたのは、初めはカシラダカかと思ったが、レンズに入れるとミヤマホオジロの雌だった。
 ミヤマホオジロ(深山頬白 Yellow-throated bunting)雌

e0365355_19155262.jpg
 
 雄はいないかと目をこらし探したが、葉隠れでわからない。
こちらが少し動いた枯れ葉の音で、垣根に飛んだのは雄だった。

  ミヤマホオジロ(深山頬白 Yellow-throated bunting)雄

e0365355_19155278.jpg

 雪の遊歩道で出会ったのは綺麗な雄。
黒覆面から突き出た嘴が、まるでピノキオの鼻のようで何とも愛らしい顔だ。
被った小枝は何とも憎らしい。

e0365355_19160142.jpg

 雪の解けた地面に降りて、草の実を探し歩く。
アァ、良いところで向こうから散歩の人が・・・。
ミヤマホオジロは飛び立った。

e0365355_19160223.jpg

 何が幸いするか、飛び去って入ったのは青々とした緑の竹の中。
そこだけがまるで初夏の風情。
欲を言えば、爽やかな風でも吹いて、スッキリ全身が・・・とも思うが、被っているのがこの場合は正解だな。
人が来て逃げ込んだのだから。

e0365355_19160156.jpg

 シャッターを切る指先もかじかむ、キンとした冷気の中で見る黄色は菜の花のように暖かかった。

e0365355_19160218.jpg






 





[PR]
by photo-etudes-eiji | 2018-02-06 06:00 | 野鳥 | Comments(0)