白馬八方池散策・・・②

 第3ケルンまで来ると、不帰嶮(かえらずのけん)や天狗の頭がドーンと迫ってくる。
草紅葉はもうくすんでいたが、なんとか赤味を感じることができた。
森林限界を超えたような風景だが、八方池上部の「下ノ樺」「上ノ樺」にはダケカンバ林が出てくる。
「植生の逆転現象」が、八方尾根の魅力の一つだ。

e0365355_00131365.jpg


 「蛇紋岩」も懐かしい。
白馬岳山頂の蛇紋岩に咲いていたコマクサ。
南アルプス最北端の入笠山の蛇紋岩の露頭
塩山で水晶を掘った日。
そんなことを思いながら歩く。
 紅葉は、トンガリの不帰嶮Ⅰ峰の手前下あたりがちょうどイイ感じ。

e0365355_00131034.jpg


 小高い位置から八方池(2060m)を見る。
いつ来ても何度見ても、見飽きない絶景だ。

e0365355_00131173.jpg


 もう少し早い時期なら、雪渓に残る万年雪と紅葉がもっと鮮やかだったろう。

e0365355_00131194.jpg

 八方池に下りて、水鏡を狙う。
ウユニ塩湖は遠すぎていけないから、水鏡を見ながらアンデスやパタゴニアの風景を思う。
雲がイイ感じを出してくれる。

e0365355_00131160.jpg

 不帰嶮方向は池の脇の紅葉が、一寸残念。
なかなかうまい具合に青空・冠雪した峰・紅葉という、三段紅葉に出会えていない。

                   
e0365355_00131230.jpg

 やがて、雲海が崩れて雲が昇ってきた。
山の天気は難しい。
 コケモモを探したが、もう実は落ちて蛇紋岩の石塊の影にしなびた実を二つ三つ見かけただけだった。

e0365355_00131261.jpg

 まだ、続々と上ってくる。
雲もゆっくりと昇ってきた。
そろそろ下りる時間だ。

e0365355_00131243.jpg

 八方尾根を下って新そばを食べ、大出の吊橋に寄った。
雪の頃、桜の頃、朝日を浴びた白馬三山の絶景ポイント。
ススキが揺れて、もうすぐ里も紅葉だよと言っていた。

e0365355_00131309.jpg




 

 

 






[PR]
Commented by nenemu8921 at 2017-10-13 09:34
eijiさん。おはようございます。
白馬、お嬢様といかれたのですね。
素晴らしい景観ですね。
↓ 草紅葉と雲海、すごいです!!
青い空と急峻な峰々、ああーっ、拝見してため息が出ます。
Commented by photo-etudes-eiji at 2017-10-13 19:40
> nenemu8921さん
 天気さえ良ければ、ここは気軽に行ける別天地。
もちろん山ですから天候急変対策は必要ですが。
一日眺めていても飽きないんですよ!
by photo-etudes-eiji | 2017-10-12 12:00 | 風景 | Comments(2)