ノビタキの秋

 刈り入れのとうに終わった畑の中程で、ノビタキが数羽盛んに食事中。
枯れ株と土塊で絵にならないなぁ~と眺めていると、畦の雑草の中に月見草やイヌタデの赤い花。
車を停めてじっと眺めていると、そこに来る。
これはジックリと待つしか無いな!
畦の雑草の中に止まったこちらは、冬羽に換わった雄だろう。
 ノビタキ(野鶲  英名 Common Stonechat )

e0365355_17304861.jpg


 畑の中段の畦にはアカマンマ=イヌタデの花が咲いている。
子供の頃、女の子達がこの花を赤飯に見立てて「ままごと遊び」をしていた。
イヌタデという言葉は、ずっと後に知った名前だった。
あっちへ飛びこっちで採餌しと忙しい。
こちらは雌かな。

e0365355_17305044.jpg



 なかなか月見草とからんでくれない。
もう少し上なら、たくさんの黄色い花が入るのだけれど・・・。

e0365355_17304814.jpg

 イヌタデの花におりた!と思いきや、被ってる。

e0365355_17304902.jpg


 やっと、月見草の所に来てくれたのは雄のノビタキ。
群落のなかで、眼が出ないのはしかたないか・・・。

e0365355_17304884.jpg
                      

 中程で動いている個体が、イヌタデの花に来た!
車の外に出れば、もう少し高い位置から撮れるのだが・・。
なかなか思い通りには行かない。
我慢我慢で車中から500mm手持ちだ。

e0365355_17304927.jpg

 そうこうしている時、突然近くのイヌタデの花にノビタキが止まった。

e0365355_17575109.jpg


 遠くで採餌している個体は、ススキの近くに止まった。
渡りの前の、秋のノビタキらしい光景だ。

e0365355_17574922.jpg

  遠いが、やっとススキの茎に止まってくれた。

e0365355_17575011.jpg

 風はめっきりと涼しさを増した。
ノビタキは夏鳥として5月頃渡って来て繁殖を終え、秋にはだんだんと高原や山地から下り平地の河川敷や田園地帯に移り、やがて南下して海を渡る。
関西以南で越冬したという例があったが。
もう少し、いろいろな花がらみで遊んでくれるだろう。
 ノビタキ(野鶲 英名 Common Stonechat )
 
e0365355_17575061.jpg




 




 



[PR]
by photo-etudes-eiji | 2017-09-28 18:49 | 野鳥 | Comments(0)