天辺コマドリ

 コマドリはかわいい。
その色もその声も、素晴らしいと思う。
笹藪の中でさえずるコマドリを、見つけることができなかった頃。
声を頼りに登山道を上ったり下りたりしては、結局木々の隙間のソングポストでしか撮れなかった頃。
飛来当初の、雪の渓流沿いで撮れたときの喜び。
今までのいろいろな出会いと、出会えなかったときの疲労感までが浮かんでくる。
標高を上げて、峠にコマドリを探しに行った。
朝霧が山を隠し、渓谷を覆う。
その朝霧の中から、♪ヒンカララ~~♪とコマドリの声がする。
 コマドリ(駒鳥 学名 Erithacus akahige 英名Japanese robin)

e0365355_21242669.jpg

 このところ不作だったオオシラビソの実がそこそこなっている天辺に、コマドリがいた。
あたりにはルリビタキやウグイスの声も響き、近くでも別個体のコマドリがさえずっている。
問題は、霧だった。
なかなかとれない!
雰囲気は十分でも絵にならない!
風が来て少し流れて・・・少しだけ色が出た。

e0365355_21242766.jpg

 しかし、なかなか青空が出ない。
コマドリは朝のなわばり宣言で、良く鳴いてくれるのに!

e0365355_21242703.jpg

 近くで鳴いていた別個体が、枯れ木の天辺に来た。
バックの山をいれたくても、これ以上は低く構えられない。

e0365355_21430584.jpg

 あれこれ構え直しているうちに、逆光側に行ってしまった。
なんとか隙間からでもと歩くと、ここだけというワンポイントの隙間があった。
しかし、さえずる姿は全て向こう向きのお尻だけ。
ウ~~ンと困っていると、少し振り向いてくれた。
これがまたかわいい!胸きゅんだ!

e0365355_21242771.jpg

 三脚をたたんで谷にさして、もう少し被らない位置で待つとトンボが飛んできた。
サンコウチョウならパクッといくところだが・・・さえずりに忙しいようで・・・。

e0365355_21242623.jpg

 別の、この個体には散々苦労させられた。
とにかくよく鳴いてくれるのだが、どこにいるのかまったく見つけられない。
もう諦めかかったとき、この枝に!

e0365355_21430503.jpg

 なんて幸運なのだろうか!
出てきてくれただけでもありがたいのに、さえずってもくれた!
散々苦労させられたあとだったので、うれしさは倍増した。

e0365355_21430522.jpg

 その上におまけまで。
なんと四メートルほどの近さの、暗い樹林の中で毛繕いしていた。
大音量の♪ヒンカララ~~~♪
 あぁ、ホントウにコマドリはかわいい!

e0365355_21430408.jpg














[PR]
Commented by nenemu8921 at 2017-07-21 23:37
おめでとうございます。
素晴らしい出会いに、こちらも感動しましたよ。
名文ですもの。(^_-)-☆
いや、至高のショットでしたね。
画像がそのまま美しいポエムです。
Commented by wagae at 2017-07-22 11:17 x
eijiさん、お疲れ様でした。

私は野暮用があったので後ろ髪を引かれる思いで帰りましたが、あの後天気が回復して良かったですね。
思わぬシーンも撮れて、粘り勝ちでしたね。
私は日を改めてオオシラビソの天辺コマドリに再挑戦します。6年ぶりの球果ですからね。
Commented by photo-etudes-eiji at 2017-07-23 20:38
> nenemu8921さん
 いえいえ!まだまだです。
朝霧が出ていてなかなか晴れず・・・、その後は枯れ枝などばかり。
なかなかこれは!というチャンスに恵まれません・・・!
Commented by photo-etudes-eiji at 2017-07-23 20:40
> wagaeさん
 僕も再挑戦しますよ!
再々でも何でも(^^;)
それにしても難しい場所ですね!
by photo-etudes-eiji | 2017-07-21 22:36 | 野鳥 | Comments(4)