ミドリシジミ その2

 朝一番にフィールドに着くやいなや、一頭のミドリシジミが出てくれて何とも幸運。
しかも、ハンノキのポイントに行くと、カサスゲなどの葉にたくさんの個体が!
 ミドリシジミ (緑小灰蝶 学名 Neozephyrus japonicus 英名 The Green Hairstreak)

e0365355_21053292.jpg

 光の角度でコバルトブルーやエメラルドグリーンに。

e0365355_21053396.jpg

 
e0365355_21053189.jpg

 メスを探す。
メスには四型があってA型はオレンジの斑(薄いものも有り)・B型は青斑・AB型は青斑とオレンジ斑でO型は無斑だとフィールドガイドにある。
それを一生懸命探した。
素人判定で、斑のオレンジ色が薄いけれど光も弱かったからA型に。
 ミドリシジミ メスA型(緑小灰蝶 学名Neozephyrus japonicus 英名 The Green Hairstreak)

                       
e0365355_21053639.jpg

 こちらはオレンジっぽい斑と青斑が両方出ているから、メスAB型と判定した。
 ミドリシジミ メスAB型

e0365355_21053253.jpg

 こちらもメスAB型でいいかと思う。

e0365355_21053321.jpg

 いろいろ探し廻ったが、B型とO型が見つからなかった。
また来年の宿題かな?
 探し廻っていると羽化して間もないのか、後翅がまだ完全に開ききっていないような個体に出会った。

e0365355_21053539.jpg

 日射しを浴びて、少しずつ翅がしっかりしていくように感じた。

e0365355_21053547.jpg

 翅を少し開いた。
翅の肩の部分に綺麗な緑がのっている。
間違いなく雄個体だ。

e0365355_21375455.jpg

 開翅!でも、光の角度が!
 
                       
e0365355_21375443.jpg

 一時間もしただろうか?
十分に開いて、あちこちに飛び回るようになった。


e0365355_21053432.jpg

 梅雨前の一時、ミドリシジミにたっぷりと遊んでもらった。
 ミドリシジミも、夕方になると梢に縄張りを作り、縄張りに入ってきた個体を追尾する。
テリ張りとか「卍巴(まんじともえ)」といわれる追尾行動。
数個体がからみあう場合あるので、夕方もと思ったが・・・。
まぁ、一編に全部じゃなくてもイイか・・・と、昼で切り上げた。
 ミドリシジミ ♂(緑小灰蝶 学名Neozephyrus japonicus 英名 The Green Hairstreak)

e0365355_21053216.jpg








[PR]
by photo-etudes-eiji | 2017-06-13 22:01 | | Comments(0)