ハギマシコとオオモズ

 真冬の八ヶ岳は美しい。
真夜中の星空が素晴らしい、氷点下の朝焼けに身震いする。
その朝焼けの中をフクロウが飛び、狩りをし、求愛をする。
 そんな八ヶ岳もこのところ開発が進み、なかなか僕の実力では難しくなった。
ハギマシコやオオモズを探した。
霧氷が美しかった。

e0365355_18265842.jpg

 フクロウが見当たらず、始めに見つけたのはハギマシコの群れだった。
およそ150羽くらいが前方の畑に!
急いで車の窓から500mmf4を手持ちだ。
零下6°の中を、群れで飛び回っている。

e0365355_18265988.jpg

  3分の2ほどを画角に取り込んだので、帰宅して数えてみるとおよそ100羽が写っていた。

e0365355_18265974.jpg

 おなか側を見せて一斉に翼を開くと、カメラのファインダーが一瞬真っ白くなったように見える。

e0365355_18265850.jpg

 若木の小枝に一羽が止まった。

e0365355_18270192.jpg
  
 林縁の雪溜まりにも!

e0365355_18270087.jpg

 ハギマシコは数度飛びたち旋回しては畑に降り、飛び去ってしまった。
それから探し回ってみても、一度遠くを飛び去って行く姿を見ただけで終わってしまった。
 赤岳の雪煙を眺め・・・。


e0365355_18265728.jpg
 
 浅間の噴煙を眺めては・・・あちこちを探し回り・・・。

e0365355_19215274.jpg



 ダメかなぁ~と諦めかけた頃・・・オオモズかも!

e0365355_18265712.jpg

 日光で出会って以来のオオモズだった。
なんとか山バックで撮りたいと、静かに移動して。

e0365355_18265609.jpg


 やっと撮ることができた。
ついでに、アカゲラが廻ってきてくれた。
霧氷が融けない時間だったらよかったけれど、出てきてくれただけでありがとう!だった。

e0365355_18265541.jpg



 残念ながら、夕刻の時間帯は振られてしまった。



[PR]
by photo-etudes-eiji | 2017-02-03 19:35 | 野鳥 | Comments(0)