桜メジロに梅ジョウビタキ~大寒の頃

 20日「蕗のとう花咲く」(ふきのとうはなさく)25日「水沢腹堅」(すいたく ふくけん=あつくかたし)30日「鶏始乳」(にわとりはじめて にゅす=とやにつく)と、二十四節気をさらに三分割した七十二候にいう。
今のように毎日産卵するよう品種改良される以前、鶏は冬にはほとんど卵を産まないものだった。
その鶏が産卵のために鳥屋に入る。
第七十二候が終わり、立春2月4日・第一候「東風解凍」(春風氷を解く)が始まるわけだが、各地の最低気温が記録されているのは大寒のこの時期。
雪と寒風の中で撮ってきたので、気持ちが「暖」に傾いた。
 今日は館山マラソンの日。
菜の花の香りに包まれて走る前半は気分も良いが、30キロ前後のアップダウンがこたえたことを思い出す。

e0365355_09224932.jpg


 緑に黄色の菜の花とともに、この時期うれしいのはサクラソウ。
そこだけを見つめれば、まるで春爛漫。

e0365355_18374633.jpg

 
 そこにチューリップが咲けば、もう気分が浮き立ってくる。

e0365355_18374788.jpg


 いろいろとする人たちが来る前に、梅園でジョウビタキと遊んだ。


e0365355_18374781.jpg


 なかなか良いところには止まってはくれないが、それもジョウビタキの都合だ。


e0365355_18374802.jpg


 早咲き種の桜には、メジロが30羽以上押し寄せていた。
地元のおばちゃんが「南房のメジロが全部集まってきたんじゃないか?」なんて。

e0365355_18375207.jpg

 そんなわけはないけれど、盛んに桜の蜜を吸いに飛び交う。

e0365355_18375049.jpg


 遠目にはかわいい感じのメジロも、その目つきはわりと・・・・。


e0365355_18375194.jpg


 メジロに誘われたのか、シロハラが桜の枝にのった。


e0365355_18374983.jpg


 日だまりは暖かく、海も穏やか。
もう少しで、ダイヤモンド富士が荒川を小菅~平井と下り、舞浜・三番瀬と近づいてくる。


e0365355_18374967.jpg

 今は人気の茜浜ダイヤモンド富士も、もうすぐだ。
マジックアワーの美しさは、何度撮ってもまた撮りたくなってしまう。

e0365355_18374817.jpg






















 


[PR]
Commented by エリクソン at 2017-01-31 00:26 x
梅にメジロ、きれいですね。それにしても、もうこんな春らしいシーンがあるのですね!当地は、まだまだ真冬です!
Commented by エリクソン at 2017-01-31 00:28 x
失礼しました。梅ではなく桜ですね。
Commented by photo-etudes-eiji at 2017-02-03 19:54
 エリクソンさん、今晩は。
出動していました(^o^)
 そう!桜なんですよ!
南房総では一月末には「元朝桜」という早咲き桜が咲きます。
もっとも、「十月桜」という年二回咲く種もありますが。
今年は雪がすくないとはいえ、いい絵をたくさん撮られていて羨ましいですよ!
by photo-etudes-eiji | 2017-01-29 10:08 | 野鳥 | Comments(3)